Page: 2/8  << >>
柳澤先生の整体講座【来年の講座継続決まる!】
野口晴哉先生の跨ぎ
(野口先生の跨ぎ)

柳澤先生の跨ぎ
(柳澤先生の跨ぎ)

11月7日、柳澤先生による整体操法講座が開催された。整体の代表的な型である「跨ぎ」を実習した。それぞれ努力していたが、無努力のうちに為す事が大切なのであろう。

冬になると「乾く」ということで、まず仙骨の行氣法を行った。これは実におもしろいものだった。跨ぎの際に、足の三里あたりに「吸い」が生じ、腿の裏あたりに「吐き」が生じる。更に仙骨に「吐き」を誘導して丹田の氣を処に当てる。このような教えは初めてだが、僕はとてもわかりやすかった。

跨ぎに関していえば、僕は腰部活点を中心に鍛錬した。これだけは我が物にしようと努力した。結果的には大して難しくないことがわかった。

だがである、整体操法の跨ぎをあらゆる部位に使うことは、そう簡単ではない。

柳澤先生のお言葉がある。先生は軽く言うので、その分、真理なのだと感じる。

野口整体では、体を作るのに10年。そして整体操法の鍛錬に入り、一人前になる。このことの認識は、大きな意味を持つ。

第6回を終えて、整体講座の本道を行くものになってきたと思う。来年も柳澤先生には来て頂けることになったので、さらに充実化を図りたいと思う。たのしみである。

(ご注意)
余談だが、下記の写真の稲穂は、畏友三上さんが持ってきてくれたものである。7日は大鳥神社の一の酉のお祭りなので、そんな洒落もあり道場に奉納してくれたものだ。
稲穂

下記は、整体講座に参加した者が、操法室に放置していったゴミ。自分の出したゴミを整体室に置き去りにしてゆく「愚か者」もいれば、稲穂を持ってきてくれて「天狗鼻」を戒めてくれる人もいる。人はいろいろ、人生いろいろである。

道場放置のゴミ
 
| kawashima1092 | 22:38 | - | - | - | - |
柳澤先生の整体・体癖講座【跨ぎの型を習う】
さて恒例の柳澤先生による、整体・体癖講座である。早いもので、もう第6回を数える。
今回のテーマは、整体の型「跨ぎ」の研鑽だ。

整体の型と言えば跨ぎだ。体・氣・心を一つにして操法する。型によって、氣の密度が高まり、氣が統一されることで心が統一される。その全てを感応させることが操法だと僕は考えている。だから「跨ぎの型」が最も大切なものなのである。

明後日の第6回整体講座では、以下のような講座進行となる。柳澤先生の構想である。

・型に入る前に「行気法」
・講話、実習
・前回の集注、拡散も利用する
・ いま仙骨の乾きの問題が顕在化しているので「仙骨の行気法」
・「跨ぎ」に進む

「簡にして明」である。
跨ぎの研鑽は3人1組で行う予定。

「整体操法は体術なり」
「療術は霊術なり」
これが僕の信念でもある。

しかし、今回の講座いまから楽しみである。

可々


 

| kawashima1092 | 11:19 | - | - | - | - |
【各講座日程】2010年8月〜12月の予定
*下記は、「自然智の会」主催の霊学と整体の講座・修行のスケジュールです。
【各講座日程】 2010年8月〜12月の講座日程のご案内(12/21付)
[8月]
1日(日)      滝行修行 *終了
20日(金) 講話会【テーマ:第10回 霊学講座の補足】 *終了
       19:00〜20:30 受講料:2000円
22日(日)    滝行修行 *終了
29日(日)  *終了
   ・霊学講座(第11回)10:00〜12:00 受講料:3000円
   ・野中操法+手技療法講座(第2回)14:00〜17:00 
    受講料:3000円
   *両講座を受講される場合は、受講料5000円になります。

[9月]
5日(日)     滝行修行 *終了
7日(火)[庚申日] 講話会【テーマ:「庚申秘詞の傳」】 *終了
          19:00〜20:30 受講料:2000円 
12日(日)    整体・体癖講座(第4回) *終了
        10:00〜12:00、14:00〜16:00 
        受講料:4500円 講師:柳澤嘉洋先生(身体気法会主宰)
19日(日)〜20日(月・祝) 「第1回 霊法秘伝合宿」 *終了
  
【滝行2回、柴燈護摩供2回、霊学講座(第12回)秘法伝授、
  手技療法講座(第3回)野中操法を含む】
  1泊2日代(宿泊+1日目夕食と2日目朝食の2食+入浴)
  2日目の入滝後の昼食代と入浴代、入滝指導代、護摩供費、
  受講費、傳法代、テキスト代、現地移動費、諸経費込みで
  合計
28,000円
  *詳細は参加希望者各位にお知らせします。
26日(日)     滝行修行 *終了

[10月]
3日(日)      滝行修行 *終了
10日(日)  整体・体癖講座(第5回) *終了
        10:00〜12:00、14:00〜16:00 
        受講料:4500円 講師:柳澤嘉洋先生(身体気法会主宰) 
24日(日)  滝行修行*終了
31日(日) *終了
   ・霊学講座(第13回)10:00〜12:00 受講料:3000円
   ・野中操法+手技療法講座(第4回)14:00〜17:00 
    受講料:3000円
   *両講座を受講される場合は、受講料5000円になります。

[11月]
3日(水・祝) 滝行修行 *終了
6日(土)[庚申日・新月] 講話会【テーマ:「庚申秘事」】 *終了
      21:00〜 受講料:1000円
      【幽玄祭事:大司命 祖霊安鎮法式】 
      
20:00〜21:00 大司命祭文奉読・祖霊安鎮 ご志納
 

7日(日)  整体・体癖講座(第6回) *終了
       10:00〜12:00、14:00〜16:00 
       受講料:4500円 講師:柳澤嘉洋先生(身体気法会主宰) 
21日(日) *終了
   ・霊学講座(第14回)10:00〜12:00 受講料:3000円
   ・野中操法+手技療法講座(第5回)14:00〜17:00 
    受講料:3000円
   *両講座を受講される場合は、受講料5000円になります。
23日(火・祝)  滝行修行 *終了
28日(日) 行事 *終了

[12月]
5日(日)  滝行修行 *終了
12日(日)  *終了
   ・霊学講座(第15回)10:00〜12:00 受講料:3000円
   ・野中操法+手技療法講座(第6回)14:00〜17:00 
    受講料:3000円
   *両講座を受講される場合は、受講料5000円になります。
                
・忘年会18:00〜
22日(水)[冬至] 年筮・祈願会+親睦会19:00〜
23日(木・祝)  納めの滝行
26日(日) 行事

[2011年1月]
9日(日) 初滝
※「冬季 秘伝合宿」(日程は後日発表します)  

--------------------
※自然活元会(指導:相宮氏)が随時予定に入ります。
※講話会、開運講座も日程が決まり次第、お知らせします。
※都合により、行事日程・内容の変更もありますので、ご注意ください。

※滝行に参加したい方は、随時申込みを受付けておりますが、事前に滝行研修を必ず受けて頂きます。実際の修行には、審査がありますので、予めご了承ください。詳しくは下記の事務局までお問い合わせください。
※滝行の日程、詳細については、参加希望者各位に随時お知らせします。

※各講座、滝行研修の場所: 川島整体治療院内にて 
地図:http://www.kawashima-seitai.com/rks05.html

---------
参加ご希望の方は、事務局までお申込みください。
メールアドレス:kawashima.seitai@gmail.com
電話:03−3712−4341

*初めての方は事前に、1.住所、2.氏名(フリガナ)、3.年齢、4.連絡先(電話等)、5.自己紹介(ご職業等)、6.参加の動機、7.参加希望日、等をご記入の上、メールをお送りください。

・予定の変更は随時お知らせします。
・各講座は、必ず事前に申し込みの上、参加して下さい。
・当日いきなり参加する事は厳禁とします。
・また言動など礼なき者は、参加は不可とします。

| kawashima1092 | 21:00 | - | - | - | - |
お茶の氣を感じる!【柳澤先生 整体・体癖講座(第5回)】
一昨日、整体・体癖講座(第5回)が行われました。10:00〜12:00、14:00〜16:00で、講師:柳澤嘉洋先生(身体気法会主宰)によって、 講座がすすめられた。

いつもユニークな講座内容で、皆さん楽しくやっています。
整体、特に野口整体系では、その技術の根底には必ず「愉氣」があります。眼に見えない「氣」というものが介在するわけです。

気功法などの氣法とは、少し違うし、霊気・レイキなどのものとも少し違う。大切なのは、氣よりもむしろ「生命」「いのち」の十全さを自覚することだ。自分も他人も関係なく、生きているという力を健全に発揮する、これが整体の根本だ。したがって、エネルギーを補充するとか、相手に与えるという考え方は、整体の「愉氣」において正鵠を得ていないのだ。

あくまでも「感応」。お互いの「氣」の交流で感応する。その中で、自然良能を発揮せしむる。
技術的には、氣を感じるということが第一で、微弱なものに対する感性が必要だ。僕などは、こういうのは苦手だ。あまりにも元気なので、人にエネルギーを与えたくなってしまう。

お茶を入れて、まず気を感じる。気の広がりのようなものを感じる。その広がりに乗って気の拡散みたなものを体感するのだ。気の働きというものは、常に拡散方向、集中方向がある。拡散し切ると、集注に転じる。だから、お茶を使っての実習のときも、拡散・集中を追いかけることが、ミソになるわけである。

人間の場合にも、同じことが言える。気というものには、波があり、要するに拡散ないし鬱散、逆に集中・圧縮があるわけである。体・心がこの影響を受けるのは当然のことだ。

事物にも、拡散・集中の方向性がある。お茶などは香りもするし湯気も立つわけだから、何となく感じやすい。今回の実習で、僕の横にS先生がおられた。この先生は、霊的な能力まで持っているといってよい方なので、感応が早い。横でやっていて、僕の方が焦ってしまった。はじめは何にも感じないからだ。しかし、雑念を離れると、確かに気のようなものを感じる。だから、素直にその動きに乗ってみた。手は広がってゆき、或るところまでくると、今度はどんどんお茶碗に近づいてゆく。最後に丹田に集中して、お茶を飲んでみる。お茶の味が違うのである!

日本古来の茶道というものは、このような「気の原理」によって成り立っているのかもしれない。作法・所作・型、さらに掛け軸、お華等。さらに決まり。亭主の心遣い、すべて一体となって、「わび・さび」の境地、気というものを表現するかもしれない。茶道も「氣法」というものの一つなのだと思う。

さらに実習は続く。今度は「茶筒」を使ったところの体感である。これは「体癖」の講座だと言ってよい。描写が難しいので、割愛するが、茶筒の蓋を取る所作に焦点を合わせて、腰椎への集中、変化を体感・観察するものである。2人1組で行った。

「穴追い操法」の実践。これは、僕がリクエストしたものだ。頭の愉氣法というものは、効果もあるので高等なものだとされている。ただ、穴おいの場合は、的確な時期に行うことがポイントで、そこを見極めることが肝心だ。僕は、穴追い操法は好きで、やるのも得意であり、指などに抜けていったときのあの感覚がたまらない。頭というものには、こんなに溝があるのかというくらい、はっきりとしている。

いくつかの質疑応答あり。

「活元動法」の実演を柳澤先生がやられた。「活元運動」と共に、次回の合宿では、「氣」をテーマとした、合同訓練を致したいと考えている。いま構想中である。

気には種類があり、捉え方にも、活用に仕方にも色々とある。これが正しいと断定はできないと考える。ただ、音と気は密接な関係があるということだけは分かる。密教・タントラなどでは、真言マントラを使うが、呼吸・音・氣(プラーナ、ルン)は、すべて「口密(くみつ)」に属し、体と心をつなぐものが、口密にあることを諸兄は知っておくべきであると思う。

次回、第6回は、11月7日(日)に開催される。
| kawashima1092 | 01:12 | - | - | - | - |
10月10日(日)【第5回整体・体癖講座のご案内】
9月12日、身体気法会の主宰者:柳澤先生による、整体・体癖講座が行われた。
この講座は、僕の思う野口整体そのものだ。気の方向性、脊椎の読みに対する考えなど、まさしく野口先生の教えだと思う。

僕のような指圧、療術チックな者には、整体操法は向かないかもしれない。
自分が治すとか、治療と云っているうちは、整体法ではない。
百歩譲って、整体かもしれないが、野口整体ではないし、整体操法ではない。

整体操法というものは、気というものが土台にある。気の方向性、体の方向性を読むのが真ん中にある。心理も気も、季節の変化も、すべて気と椎骨に顕れる。お腹から椎骨を読むこともできる。お腹のここが胸椎何番、腰椎何番というように決まっている。(秘伝合宿では、それもやる)。

12日の講座では、気の実験体験が、よくできたと思う。なんだか楽しい会であった。
体癖講座と共に、整体講座をも行うことで、参加者の興味に供することができるものになってきました。

柳澤先生は、深い整体の知識と観察力をお持ちです。季節ごとの変化やその詳しい観察には定評があります。背骨の変化や体勢をみてゆくのです。この講座が、気を土台とした整体法との縁(よすが)になれば幸甚です。

10月10日(日)には、【第5回整体・体癖講座】があります。気の整体法に興味ある方、
ご一緒に研鑽されたい方は、どうぞご参加ください。

一言。整体の土台には「気」が必ずあるのです。
| kawashima1092 | 21:47 | - | - | - | - |
【第一回 手技療法講座】

明日 、手技療法講座を行う。

僕のところでは、野中操法研究会のほかに、修験霊学研究会という会もある。操法研究会の方は、整体法や野中操法を中心に手技療法を研鑽しているが、その土台は「輸気」である。気というのは野口晴哉先生の師匠であった、松本道別翁が提唱していた「人体放射能」である。気ともオーラなどとも云うが、この独特の気の体得には、秘訣がある。

修験霊学の土台もまた、人体放射能なのである。修験霊学研究会では、霊学講座を行っており、実践編として毎月御岳山で修行している。

松本翁が主宰されていた霊学道場の講座でも、輸気を教えていたし、治療編というものもあった。しかし、整体法・治療法としては、現代のほうが高度である。整体法と野中操法を中心に組織している点で、その昔より優れたものになっている。やはり手技の基礎には、輸気法がある。

ただ、気合法などの訓練という点では、昔のほうが悠に優れている。

治療術以って開業し、収入を得る。簡単に、こう考えていただいてよい。
理念とか理想は、さておいて、近所の方の肩こりや腰痛を解消してあげてほしい。とにかく臨床してゆくことが進歩のための一番の方法だ。簡単なことをやって、是非とも信頼を得ていただきたい。あと大切なことは信頼される人になるということだ。

同じ志を持つ人は、お互いに頑張りましょう。いつも云う、この指と〜まれ、です。

研鑽するからには、無礼な人はお断りです。学ぶ姿勢・態度が出来ていなければ、教えても意味がありませんので。はじめから興味本位で、受け入れる気持ちのない人は、来なくてよろしい。

明日は、さっそく全身の施術法の流れからやります。

| kawashima1092 | 23:45 | - | - | - | - |
【各講座日程】2010年4月〜7月の予定

【各講座日程】 2010年4月〜7月の講座日程のご案内

*朱字の部分は訂正・追加箇所ですので、ご確認ください。

[4月]
6日(火)滝行研修 19:00〜21:00 受講料:1000円 

11日(日)滝行法・護摩法の修練会 早朝〜 受講料:3000円 

20日(火)滝行研修 19:00〜21:00 受講料:1000円 

24日(土)「チベット医学入門講座」 18:00〜20:00 
       ・小川康先生(チベット医)   受講料:2000円

25日(日)滝行法の修練会 早朝〜 受講料:3000円 
※今回は、第2期新規の方のための滝行法の修練会です。


28日(水)野中操法講習会(主催:ミュートネットワーク)19:00〜21:00 

※滝行希望者は、必ず事前に滝行研修を受講する事。(遠方からの参加者はその限りではない)

[5月]
2日(日)霊学講座13:00〜17:00 受講料:3000円 

4日(火・祝)滝行法・護摩法の修練会 早朝〜 受講料:3000円 

9日(日)・体癖講座13:00〜17:00 受講料:4500円 
       講師:柳澤嘉洋先生身体気法会主宰) 
      ・野中操法・自由稽古会18:00〜19:00 参加費:無料

23日(日)御岳山の登拝行 

26日(水)野中操法講習会(主催:ミュートネットワーク)19:00〜21:00

27日(木)サカダワ講話会&法要 19:00〜21:00

30日(日)松本道別翁の奥津城へ墓参 

[6月]
1日(火)滝行研修 19:00〜21:00 受講料:1000円 

6日(日)滝行法・護摩法の修練会 早朝〜 受講料:3000円 

13日(日)・体癖講座13:00〜17:00 受講料:4500円 
        講師:柳澤嘉洋先生(身体気法会主宰) 
      ・野中操法・自由稽古会18:00〜19:00 参加費:無料
    *治療院にて金山先生の誕生祝会19:00頃〜  
      (
お一人様一品(食べ物、飲み物等)をお持ち寄り下さい。)
     *申し込み先:6月7日(月)までに、
otanjoukai@yahoo.co.jp(事務局)に
      ご連絡ください。


23日(水)野中操法講習会(主催:ミュートネットワーク)19:00〜21:00 

27日(日)霊学講座13:00〜17:00 受講料:3000円 

[7月]
7日(水)七夕操法会 19:00〜21:00 参加費:2000円

13日(火)滝行研修 19:00〜21:00 (主催:ミュートネットワーク)

17日(土)+18日(日) 野中操法+野口整体+滝行 合宿@洒水の滝(主催:ミュートネットワーク)

(講座追加予定あり)

・各講座、滝行研修の場所:川島整体治療院にて 
・ミュートネットワーク主催の講座等の詳細については、ミュートネットワークまでお問い合わせ下さい。
・「滝行法・護摩法の修練会」の詳細については、参加者各位へお知らせします。

---------

参加ご希望の方は、事務局までお申込みください。
メールアドレス:kawashima.seitai@gmail.com
電話:03−3712−4341

*初めての方は事前に、1.住所、2.氏名(フリガナ)、3.年齢、4.連絡先(電話等)、5.自己紹介(ご職業等)、6.参加の動機、7.参加希望日、等をご記入の上、メールをお送りください。

・尚、予定の変更は随時お知らせします。
・各講座は、必ず事前に申し込みの上、参加して下さい。
・当日いきなり参加する事は厳禁とします。
・また言動など礼なき者は、参加は不可とします。

| kawashima1092 | 19:06 | - | - | - | - |
【手技・触手療法 開業講座】
現在、【手技・触手療法 開業講座】を開講したいと考えています。
実際上の施術の仕方や開業相談も込めたものにしたい。やはり、手技の実践は開業して何ぼのものでしょう。

当然、野中操法その他もこの中で講習します。
参加資格ですが、僕の趣味みたいなものなので、気の合う人ですね。
自分勝手な人は参加できません。

他の講座としては【霊学講座】【滝行研修】があり、これは継続してゆきます。この中で「夢の修行講座」もやってゆきます。外での修行としては御岳山その他での峰中修行です。やはり霊法の修行は山で行うのが一番です。

部外の講座としては【体癖講座】【整体操法講座】、【心理学講座】【チベット医学講座】なども行う予定です。

スタッフとして協力してくださる方を募集します。
(但し、選考はさせていただきます。)

まあ、何はともあれ時間は刻一刻と進み、日は過ぎてゆきます。一日生きたということは、一日死んだ、ということである、とは野口晴哉先生が言われたことですが、僕の天源術の師匠は「今ここ」と、いつも言われていた。

白隠禅師は施行歌のはじめでこう歌っている。
『今生富貴する人は、前生に蒔おく種がある。今生施しせぬ人は、未来は極めて貧なるぞ。
 利口で富貴があるならば、鈍なる人はみな貧か。利口で貧乏するを見よ、この世は前世の種次第。
 未来はこの世の種次第 』

善い友達・知人と出会えたのも、この種があったから。

手当てを通じて、息を通じて、善き種をうえてゆこう!
| kawashima1092 | 13:59 | - | - | - | - |
野中操法講座 【正伝:恥骨股間操法】
JUGEMテーマ:健康
野中操法講座【正伝:恥骨股間操法】 である。
現在、僕はミュートネットワークで、野中操法講座をさせていただいている。1月〜6月の全6回、そして7月には合宿で総仕上げということになっている。

4月の講座では、股間操法を行う。この操法の正確な仕方は、ほとんど知られていない。以前に型を見たことがあるし、練習したことがことがあるけれども、それは正確さに欠ける操法であった。

そもそもこの股間操法の歴史というか、そういったものを知らないのに伝えることはできないであろう。これは正確には、野中操法ではない。というか、野中豪策大先生のオリジナルではないということである。詳しいことは、ここでは書かない。

ミュートネットワークの会報誌「自由人」5月6月号において、河野智聖先生は、整体操法の創始者:野口晴哉大先生が(戦前の)名のある療術を集め編纂し体系づけたものが(整体操法の)基本になっている、という事実を述べられています。また「・・・野中豪策という方はお腹を押さえたり、恥骨を押さえたりしてきた人です。野口先生は野中操法を捻れの操法に・・・」と、その長所を活かしたとも述べられている。

野中操法の技法は、整体操法との関連で活きる。僕は、このことをずっと主張してきた。腹を整える操法は、日本の按腹技法に通底しているものであり、野中操法のみでも独立した方法だ。各治療の方法にも、取り入れることができる。

しかし、治療といっても今の世の中が大昔に戻ることはない、高度に発達した医療の前にあって、どれほどの人が、療術師のところにくるのか?まったく疑問である。しかし、生命そのものと向き合う野口整体には、現代の医療の矛盾などを埋めるものがあるのだと、僕は思う。その中でこそ、野中先生の方法も真価を発揮する。

自然運動法(いわゆる活元運動)に導くこと。更に、その方の霊的な根源を発現処理する、これが根本の指標である。整体の最奥義は霊法にありということを確信している。僕の役割は、野中操法の普及と、身体に侵入する邪気を封ずる秘伝や霊法を、心ある整体家・治療家に伝授してゆくことであろう。少なくとも、密教の専門家として再び胎動する中において、治療の分野での活動の骨子は、上記に尽きると思う。
| kawashima1092 | 00:44 | - | - | - | - |
ご案内 【チベット医学入門講座】 4月24日特別講座

「仏教に根ざした医学:チベット医学 入門講座」

 

八世紀、神秘の国チベットで編纂されたというチベット医学聖典:四部医典をもとに、チベット医学の概要と基礎概念をわかりやすく解説していただきます。

 

講座内容:「仏教に根ざした医学」「身体、診断、治療の基礎概念」など

 

講師:小川康先生(アムチ:チベット医)

日時:24日(土)  18:00〜20:00

会場:川島整体治療院

受講料:2000円

定員:15名

 

講師プロフィール:富山県出身。1970年生まれ。東北大学薬学部卒。薬剤師。元長野県自然観察インストラクター。薬草会社、薬局、農場、ボランティア団体などに勤務後、99年1月よりインド・ダラムサラにてチベット語・医学の勉強に取り組む。2001年5月、メンツィカン(チベット医学暦法学大学)にチベット圏以外の外国人としては初めて合格し、2007年卒業。晴れてチベット医(アムチ)となる。「自然治癒力を高める連続講座(ほんの木出版)」 に『チベット医学童話タナトゥク』を連載。チベットの歌や踊りにも造詣が深い。 20097月より長野県小諸に富山の配置薬を扱う「小川アムチ薬房」を開業。

 

参考URL:http://www.kaze-travel.co.jp/tibet_ogawa000.html

 

申し込み先:kawashima.seitai@gmail.com または、03-3712-4341(川島整体治療院まで)

※講座前日までに、お申込みください。

 

今後、「チベット医学・絵解き講座 全7回」などの講座も予定しております。

 

 

| kawashima1092 | 20:10 | - | - | - | - |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode