Page: 2/27  << >>
明日開催!柳沢先生の整体講座【第2回:「体運動の構造」を読む】

日程は以下の通りです!

6月12日(日)
   ・茶話会+補習・霊談等 
   午前10:00〜11:30(川島担当・無料)
   
   ・整体講座「体運動の構造」を読む(第2回)
   午後1:00〜4:30
   講師:柳澤嘉洋先生(身体気法会主宰) 受講料:5000円
   
*1年間(毎月1回)の一括受講で受付、講座ビデオでの補習       受講可。

| kawashima1092 | 09:40 | - | - | - | - |
放射性物質の放出量【77万テラベクレル!!】
みなさん、放射性物質の放出量が、77万テラベクレルに訂正されたそうですが、意味分かりますか?

詳しいことは以下の記事を読んでいただきたいのですが・・・
-----------------------------------------------------------------------
福島第一原発の事故で大気中に放出された放射性物質の量について、原子力安全・保安院は77万テラベクレルだったという新たな推定結果を明らかにしました。これまで公表されていた値のほぼ倍の値です。

 原子力安全・保安院では、東京電力から先月提出を受けた記録などを元に、福島第一原発でどのような事態が起きていたかをプログラムで解析し、その結果を公表しました。

 記録を元にした解析では、3月11日から16日までに大気中に放出された放射性物質の量について推定していますが、その量は77万テラベクレルと今回の事故をレベル7と評価した際に発表した量のほぼ倍となっています。

 前回の推定では、2号機からの放出は放射性物質の量を減らす効果がある圧力抑制室を通じての放出としていたのに対し、今回は格納容器からも直接大気中に放出されたとして計算した結果、全体の放出量が2倍になったと保安院は説明しています。

 今回の解析結果は、日本政府がIAEAに提出する報告書にも盛り込まれる予定です。(07日00:09)
(以上、TBS動画Newsから引用)
-----------------------------------------------------------------------
変な学者が出てきて、TVなどでさんざん、格納容器は破損してないから大丈夫だとか、メルトダウンはしていないだとか、適当なことばかり言っていたが、そいつらは学者として人間として、被爆者にどう説明するのだ。

どうせ東電のお抱え学者だったり、政府の回し者だったりとかなのだろう。パニックにならないように、安全だと言ってくださいと言われて適当なことをしゃべっていたんだろう。

ひどいのになると、研究費を出すからとか言われて、魂を売ったんじゃないのかね。

なにせ原子力の父が、読売の正力松太郎氏なんだから、TVなんかはどうしようもない。
アメリカは、正力氏を「ポダム」とかいうコードネームつけて、日本における原子力開発のターゲットにしていたというじゃないか。そしてTVは原子力発電などの普及に使えるなどと考えていたという、すべてアメリカの公文書により明らかだ。

鉄腕アトムも野球放送もプロレス中継も、全部『洗脳』のための道具だったのだ。日本人はまんまと騙され続けてきたんです。原発事故が起きて、一番被害受けているのは誰だと思いますか?

この国では、ニュースの筆頭に、政治家たちの真剣勝負の話し合いに、そのことが出てこない。どうしようもない国家だと思うのはわたしだけでしょうか?

わたくしこの記事を書いていて、官憲に何かされても本望を思っています。

戦後のアメリカ支配や屑政治家、屑官僚、屑財界人らが作った土台の上に、いまの連中はのかってるんだから、どうしようもない。変えようがないのでしょう。

一番被害を受けているのは誰かって、そりゃ子供たちでしょうが。どうすんだ政府や東電、保安院は。

レベル7の時の倍の数値になっただと、いまさら言うな。じゃ、国民の健康にどう影響するのかを地域ごとに詳しく言え、と言いたい。さっさとレベル8にしろよ。とっくの昔にチェルノブイリ原発事故の放射性物質拡散量は超えてるんだろ。

チェルノブイリの事故よりも酷くはないとTVで、くっちゃべっていた屑学者出てこいよ。
| kawashima1092 | 22:31 | - | - | - | - |
放射能の反応か?【耳なしウサギの怪】

耳なしウサギ

最近、福島県で「耳なしウサギ」が生まれたという。福島原発から30キロ圏外でのことだ。

放射能の影響か?ということで少し騒がれている。こんなに早く奇形のウサギが生まれるのかという疑問も囁かれているが、どうやらヤラセではないようだ。

一部では、ウサギの耳を切り取って偽装したということも言われているようだが、耳が無いウサギが生まれたことは事実だということである。

今年は奇しくも「ウサギ年」だ。その年に東日本大震災が起き、さらに福島原発事故が起きた。そして、放射能の影響かと噂される「耳なしウサギ」が出現した。

子ウサギで、白いタマウサギだから、なおさらに痛々しい。まさしく象徴的な出来事だと思う。

あなたの子供にこういう影響がゆくとしたら、どうだろうか?いまだに福島原発事故の収束は目途がついていない事実がある。首都圏での放射能の影響は、本当のところどうなのか?あなたは疑問を感じないか?

わたしは日頃、治療(類似行為)をする者として、整体や健康線指圧を日々施法している。その中で、私自身の手が教えてくれている、事実があるのである。

それは、明らかに施術を受けに来る方に、放射能の影響としか思えない身体の変化が・反応があるということである。

それは、整体操法などで伝えられている、反応点とは少し違うものであるが、特異な身体の反応があるのである。はじめは、それが何であるのか分からなかった。しかし、やがてそれが、今回の原発事故による放射性物質拡散と結びつくようになった。

このままで日本を背負う子供たちの健康は大丈夫なのだろうか?と、「耳なしウサギ」を思いつつ、わたしは今考えつづけている。 
| kawashima1092 | 23:46 | - | - | - | - |
【霊学講座、整体講座、滝行、七夕祈願会】2011年4月〜8月の予定

*下記は、「自然智の会」主催の霊学、整体の講座・修行のスケジュールです。

 【霊学講座、整体講座、滝行、七夕祈願会】
2011年4月〜8月の講座日程のご案内 (5/22更新)

[2011年4〜5月]

4月24日(日) 終了
   鎮魂冥福法要(第5回)午前10:00〜午前11:30(ご志納)
   霊学講座(第17回)+手技療法講座(第8回) 
   午後1:00〜3:00、午後3:30〜5:30 
   講師:川島金山  各受講料:3000円
   *両講座を受講される場合は、受講料5000円になります。

4月28日(木)〜5月2日(月)土佐高知の一大神境・仙境巡礼 終了

5月8日(日) 終了
   
茶話会 午前10:00〜11:00(無料)
   整体講座「体運動の構造」を読む(第1回)
   午後1:00〜4:30
   講師:柳澤嘉洋先生(身体気法会主宰) 受講料:5000円
   *1年間(毎月1回)の一括受講で受付、講座ビデオでの補修受講可。

5月15日(日)結縁秘道:大神人の奥津城 神拝 終了

5月29日(日)
   霊学講座(第18回)+手技療法(第9回) 
   午前10:00〜12:00、午後2:00〜4:00 
   講師:川島金山  霊学講座:3000円  手技療法:1000円
   *手技療法は、受講料が変更になりました。

5月30日(月)行事(午前中)

[2011年6月]

6月5日(日)滝行

6月11日(土)【スカイプ講話会】「霊魂百首」(第1回)
   午後8:30〜9:30 受講料:1000円 (6回分一括受講で受付)

6月12日(日)
   茶話会 午前10:00〜11:00(無料)
   整体講座「体運動の構造」を読む(第2回)
   午後1:00〜4:30
   講師:柳澤嘉洋先生(身体気法会主宰) 受講料:5000円
   *1年間(毎月1回)の一括受講で受付、講座ビデオでの補修受講可。

6月19日(日)行事

6月26日(日)
   霊学講座(第19回)+手技療法(第10回) 
   午前10:00〜12:00、午後2:00〜4:00 
   講師:川島金山  霊学講座:3000円  手技療法:1000円

[2011年7月]

7月3日(日)滝行

7月4日(月)庚申日

7月7日(木)七夕の祈り 「太眞西王母像開眼式」「七夕講話、易占、祈願会」 午後7時〜

7月9日(土)浅草観音参り「ほおづき市」(午前中)
   【スカイプ講話会】「霊魂百首」(第2回)
   午後8:30〜9:30 受講料:1000円 (6回分一括受講で受付)

7月10日(日)
   茶話会・補習・霊談など 午前10:00〜11:00(無料)
   整体講座「体運動の構造」を読む(第3回)
   午後1:00〜4:30
   講師:柳澤嘉洋先生(身体気法会主宰) 受講料:5000円
   *1年間(毎月1回)の一括受講で受付、講座ビデオでの補修受講可。

7月24日(日)
   霊学講座(第20回)+手技療法(第11回) 
   午前10:00〜12:00、午後2:00〜4:00 
   講師:川島金山  霊学講座:3000円  手技療法:1000円

7月31日(日)滝行

[2011年8月]

8月28日(日)滝行
 
[2011年9月]

9月もしくは10月に『秘伝霊地合宿』を行なう予定です。

--------------------
※自然活元会(指導:相宮氏)が随時予定に入ります。
※都合により、行事日程・内容の変更もありますので、ご注意ください。
スカイプ講話会は、今までの講座に参加された方のみ受講可能ですが、受講には審査がありますので、予めご了承ください。詳細については、下記の事務局までお問い合わせください。
※滝行に参加したい方は、随時申込みを受付けておりますが、事前に滝行研修を必ず受けて頂きます。尚、実際の修行には審査がありますので、予めご了承ください。詳しくは下記の事務局までお問い合わせください。
※滝行の日程、詳細については、参加希望者各位に随時お知らせします。

※各講座、滝行研修の場所: 川島整体治療院内にて 
地図:
http://www.kawashima-seitai.com/rks05.html

---------
参加ご希望の方は、事務局までお申込みください。
メールアドレス:kawashima.seitai@gmail.com
電話:03−3712−4341

*初めての方は事前に、1.住所、2.氏名(フリガナ)、3.年齢、4.連絡先(電話等)、5.自己紹介(ご職業等)、6.参加の動機、7.参加希望日、等をご記入の上、メールをお送りください。

・予定の変更は随時お知らせします。
・各講座は、必ず事前に申し込みの上、参加して下さい。
・当日いきなり参加する事は厳禁とします。
・また言動など礼なき者は、参加は不可とします。

| kawashima1092 | 23:38 | - | - | - | - |
柳沢先生の整体講座【第一回:「体運動の構造」を読む】
昨日、【第一回整体講座『体運動の構造』を読む】 を開催した。
柳沢嘉洋先生(身体気法会代表)の1年間連続の講座だ。

今後は、自然智乃会の合宿などにもご来駕いただいて、特殊な気韻法や特殊な気合法を教えていただく予定である。

今回のテーマは、「汗をかく」であった。
野口晴哉著『体運動の構造1』をテキストとして用いた。

皆さん、楽しく学習し、操法の稽古をされていた。
足から腰部・胸部(胸椎5番)・後頭部(頭部第5)を繋ぎ合わせて操法する。

整体操法を志して、一番難解なのが「体癖」である。その人の「体癖」と季節の「体勢」、この関係を踏まえて操法してゆく。「機・度・間」というけれども、それ以上にその正確な把握は難しい。

昨年は、こうであっても、今年は違うということが、起きるわけだ。毎年、季節の微妙な変化も違うし、体に出る「出方」「経過」が違う。生き物なのだから当たり前のことだ。

それにしたがって、操法の仕方も変化してくる。去年は、こうだったから、今年も同じというわけにはゆかない。操法の技術は、画一的ではないのだ。

整体というのは、同じラーメンを作り続けるようなわけではない。このことが、講座を通じて分かっただけでも進歩だと思う。

もっともわたしは、同じラーメンを作り続ける「鈍」なスタイルに感動を覚える性質(タチ)だが・・・。

次回の第二回は、6月12日に開催する。
| kawashima1092 | 12:38 | - | - | - | - |
輸氣法の感応【皮膚に発現す;『放射性物質廃毒法』の効果】

今日は整体法の廃毒の法の有効性というか、証明をテーマにお話しよう。

整体における「毒素出し」の一つ。放射性物質の排出をねらった方法を『放射性物質の廃毒法』という。また『洗毒法』とも言う。

いずれにしても輸氣法が技術の真ん中にある。これなくして、心身の感応はない。

「春先は汗で廃毒する」と、整体家の柳澤先生は申されている。

「夏は皮膚から廃毒する」のだそうである。

暦の上では、5月2日が「八十八夜」。明日、5月6日が立夏である。暦では、もう夏なのである。だから、廃毒も「皮膚」から為されるのである。

背中のオデキ

今朝、そんなことを考えていたら、背中の一部に痛みを感じた。
オデキの様な物ができている。実は先月の28日、土佐高地の巡礼前にも同種のものが、右側の腋下付近(野中操法;第三健康線近く)にできた。しかし、これは土佐での「禊ぎ行」で何時の間にか消滅していた。

チベット密教のゾクチェンでは、すべての感覚を統合する。すべては自分の「本性」から出ていると考えるからである。しかし、「痛み」を統合することは難しい。明確に「苦痛」として在るからだ。

今回のように、背中に出現した程度のオデキの痛みだと、統合することが可能なようである。
痛みが、心地良いのである。

とにかく「放射性物質」の洗礼を受けていることの「証明」だと思う。こうして膿と血液を出すことで、身体は浄化してくれているのだろう。本当にすごいものだと思う。

原発事故以来、3つのオデキが出現した。今はよいが、体の奥に入り込んだときのことを考えると、実に恐ろしい思いである。将来の日本人の遺伝子の劣化は避けられないのであろうか。

多少の痛みも、将来の安全の為のものなのであろう。

いまから約1ヶ月前の4月10日、「整体法;洗毒法講座」の折、3人掛りで「洗毒輸氣法」をしてもらった。その効果が、はっきりと出たのだと感じている。
 

| kawashima1092 | 12:07 | - | - | - | - |
柳澤先生の整体講座【『体運動の構造』を読む】いよいよ開始される!
『洗毒法』実習中の柳澤先生
『洗毒法』実習中の柳澤先生

5月8日(日)から、柳澤先生の整体講座【『体運動の構造』を読む】いよいよ開始される。

この整体講座は、野口晴哉先生の著書『体運動の構造』を詳しく解き明かしながら、実際の整体操法や考え方を学ぶという、本格的なものだ。

一年かけて紐解いてゆくものであり、全二巻を2年程で講習してゆく。もとより実技の習得は、場数をこなすしかないのであるが、基になるもの(技術)を得ていないと、進捗はない。

主催者である、わたくしのほうは「霊学」「霊術」一色であり、もう後戻りできないし、これが本来の姿だから仕方が無い。だが、柳澤先生は「ザ・整体家」の先生である。

柳澤先生は、問うてみて、知らないことがないくらい勉強されている。整体は、身体をつくるのに10年といわれるが、まさしくそれを実践してこられ、更に操法を修練されてきた先生だと思う。独自の感性を持たれて、観方を構築されている点も注目される。

第1回は、5月8日(日)午後1時からの開催です。
参加する方は、1年参加するようにお願いします。参加できない場合には、講座ビデオを視聴して補修するようにしてください。


第1回 「『体運動の構造』(野口晴哉著)を読む」

【講師】 柳澤嘉洋先生(身体気法会主宰)
【日時】 2011年5月8日(日)午後1時〜
【会場】 川島整体(洗足駅徒歩1分)
【受講料】 1講座:5000円

*1年間(毎月1回)の受講参加のみで、受付します。
*受講料の支払い方法は分割(各受講時)で結構です。
(尚、5月以降の参加も講座ビデオでの補修で対応できますので、ご相談ください。)

ご参加申込みはお早めに。5月3日までに、ご返信致します。


 

| kawashima1092 | 14:51 | - | - | - | - |
緊急告知【整体講座・体内の洗毒法】

大震災を考え冥福祈念【鎮魂・冥福祈念法要】

来る4月10日(日)、17日(日)、24日(日)、当道場に於いて【鎮魂・冥福祈念法要】を執り行います。
此の度の大震災犠牲者の御冥福をお祈りさせて頂きます。 

同時に、「人型加持法」によって、回運(運を転換)を御祈念し、大震災その後の状況や困難が変じてゆくように祈ります。各個人の祈願も行ないます。この祈りを起点に、わたしたちの今後の具体的な行動・活動の基にできればと思います。

法要後には『大震災・その後・原発について考える』というミーティングを行ないたいと考えております。皆様の屈託のないご意見や情報をお伝え願えれば幸甚です。

日時等は以下の通り」です。

                                         【記】

日時:平成23年4月10日(日)17日(日)、24日(日)
場所:自然智乃会・川島道場

法式:午前10時〜鎮魂・冥福祈念法要。
 前半は霊魂安鎮冥福法要。後半は読経真言讀誦による功徳回向、追善法要。

   :午前11時〜ミーティング『大震災・その後・原発について考える』
   :午後1時〜『整体講座』(4月10日)
講師:柳澤先生
今回は、盲腸を中心に、季節の操法を焦点とした『洗毒法』。これは毒素排出に役立つものです。
(4月24日午後1時〜)『霊学講座+手技療法講座』
講師:川島金山

     ※多少の時間変更もありますので御了承ください。
      ※今回はスカイプ放送の予定はございません。


  ◎参加希望者は、お知らせください。


以上


川島金山

 
| kawashima1092 | 15:46 | - | - | - | - |
偶然見つけた書籍【野口晴哉著 潜在意識教育】

野口晴哉著「潜在意識教育」
野口晴哉著「潜在意識教育」

先般、偶然古本屋で野口晴哉著「潜在意識教育」を見つけた。
コピーを所持していたが、現物は初めて入手した。潜在意識教育に関しては「野口晴哉全集」やその他の資料はあるので満足していたが、思いもよらぬ『残り福』であった。

この本の中には、野口先生の写真があり、活きいきとしている。
昭和40年代のはじめに記された本である。再販を期待したいが、おそらくは無理であろう。
※(9月上旬に、野口晴哉生誕100年を記念して再版されるそうである。)

オークションなどでは、随分と高額で取引されているようだが、わたしはたったの1980円で購入した。その日は、必ずその古本屋には良いものがあると、分かっていた。感が働いたのだ。

何事も、この感というものが働かないと「達者」にはなれない。
感というものは、繰り返しの所作でしか、得ることができない。
頭でばかりものを考え理屈を言う現代人には、一番難しいことであろう。
いやしくも治療に携わる者は、この「極度に発達した感」というヤツを是が非でも掴まねばならぬ。

| kawashima1092 | 02:31 | - | - | - | - |
柳澤先生講座【整体講座の初等検定のこと】
柳澤先生の整体講座も以前の体癖講座と合わせて第8回を迎えました。開催期日は2月11日です。

3月13日に予定していた講座は行いません。3月半ばに「合宿」を予定しており、その中で「無音の気韻法」を教授していただくので、3月の整体講座は行わないということです。
※「気韻法」は「現代の気合法」ともいわれております。

4月からは、仕切りなおして、「整体講座=体運動の構造を読む= 」が開催されます。これは更に突っ込んだ整体講座になること請け合いです。

2月11日の講座において、整体初等講座のような位置づけのもと、「検定的」仕様で講座をすすめてゆく予定です。日曜日ではないので、ご参加が困難という方もおられるかと思いますが、志のある方はどうぞご参加下さい。

合宿の予定は、近日中に発表します。
| kawashima1092 | 00:05 | - | - | - | - |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode