Entry: main  << >>
放射性物質の放出量【77万テラベクレル!!】
みなさん、放射性物質の放出量が、77万テラベクレルに訂正されたそうですが、意味分かりますか?

詳しいことは以下の記事を読んでいただきたいのですが・・・
-----------------------------------------------------------------------
福島第一原発の事故で大気中に放出された放射性物質の量について、原子力安全・保安院は77万テラベクレルだったという新たな推定結果を明らかにしました。これまで公表されていた値のほぼ倍の値です。

 原子力安全・保安院では、東京電力から先月提出を受けた記録などを元に、福島第一原発でどのような事態が起きていたかをプログラムで解析し、その結果を公表しました。

 記録を元にした解析では、3月11日から16日までに大気中に放出された放射性物質の量について推定していますが、その量は77万テラベクレルと今回の事故をレベル7と評価した際に発表した量のほぼ倍となっています。

 前回の推定では、2号機からの放出は放射性物質の量を減らす効果がある圧力抑制室を通じての放出としていたのに対し、今回は格納容器からも直接大気中に放出されたとして計算した結果、全体の放出量が2倍になったと保安院は説明しています。

 今回の解析結果は、日本政府がIAEAに提出する報告書にも盛り込まれる予定です。(07日00:09)
(以上、TBS動画Newsから引用)
-----------------------------------------------------------------------
変な学者が出てきて、TVなどでさんざん、格納容器は破損してないから大丈夫だとか、メルトダウンはしていないだとか、適当なことばかり言っていたが、そいつらは学者として人間として、被爆者にどう説明するのだ。

どうせ東電のお抱え学者だったり、政府の回し者だったりとかなのだろう。パニックにならないように、安全だと言ってくださいと言われて適当なことをしゃべっていたんだろう。

ひどいのになると、研究費を出すからとか言われて、魂を売ったんじゃないのかね。

なにせ原子力の父が、読売の正力松太郎氏なんだから、TVなんかはどうしようもない。
アメリカは、正力氏を「ポダム」とかいうコードネームつけて、日本における原子力開発のターゲットにしていたというじゃないか。そしてTVは原子力発電などの普及に使えるなどと考えていたという、すべてアメリカの公文書により明らかだ。

鉄腕アトムも野球放送もプロレス中継も、全部『洗脳』のための道具だったのだ。日本人はまんまと騙され続けてきたんです。原発事故が起きて、一番被害受けているのは誰だと思いますか?

この国では、ニュースの筆頭に、政治家たちの真剣勝負の話し合いに、そのことが出てこない。どうしようもない国家だと思うのはわたしだけでしょうか?

わたくしこの記事を書いていて、官憲に何かされても本望を思っています。

戦後のアメリカ支配や屑政治家、屑官僚、屑財界人らが作った土台の上に、いまの連中はのかってるんだから、どうしようもない。変えようがないのでしょう。

一番被害を受けているのは誰かって、そりゃ子供たちでしょうが。どうすんだ政府や東電、保安院は。

レベル7の時の倍の数値になっただと、いまさら言うな。じゃ、国民の健康にどう影響するのかを地域ごとに詳しく言え、と言いたい。さっさとレベル8にしろよ。とっくの昔にチェルノブイリ原発事故の放射性物質拡散量は超えてるんだろ。

チェルノブイリの事故よりも酷くはないとTVで、くっちゃべっていた屑学者出てこいよ。
| kawashima1092 | 22:31 | - | - | - | - |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode