Entry: main  << >>
 研究書紹介:藤原桂舟著【野口整体の心理療法とは】
藤原桂舟著「身体治療家のための心理療法」
(藤原桂舟著「身体治療家のための心理療法」)

今日は心理療法の研究書を紹介しよう。

「身体治療家のための心理療法−野口整体の心理療法とはー」である。
この本の著者は、藤原桂舟先生である。鍼灸や整体その他の療術の実践者である。同時に心理療法家でもある。京都大学文学部心理学科を出ておられる秀才である。

野口晴哉先生の「潜在意識教育」や「心理指導」を、在野において詳しく説き明かした研究というものを僕は知らない。そもそも心理療法の実践者が同時に野口整体をやっていること自体が少ない。

以前に有名な催眠術師のところに行ったことがあった。その人は時々TVにも出ていたが、著書らしいものはほとんどなかった。ショーまがいの催眠術披露では当代一級だった。しかし、当人に聞いてみると、「普段はそんものではダメだ、心理をやらないといけない」と弟子たちにも再三述べていた。

人を指導する、心的な病を解決するには、心理指導というものがなければならないのであろう。

天才であった野口晴哉先生の心理療法を知るすべは一般の人間にはほとんどない。少ない資料であるがそれを役立てていただきたいと思い、藤原先生に贈った。長年の積み重ね、実践、研究によりこの度、立派な研究書が出来上がったそうである。

この書では、ミルトン・エリクソン氏を取上げている。彼は現代の臨床催眠の開祖である。
エリクソンと野口先生の技法は、どこかで通底している。その生い立ちもどこか似ているのだ。詳しいことは、藤原先生の著書を読んでもらいたい。

僕は藤原先生に「野口整体の心理療法とは」出版記念講座をお願いしたいと考えている。
整体や治療術を志す方々の知識・技術習得に給することができればと思う。

野口晴哉先生は、霊術の大家であり「寂玄術」を体得していた。これは心理療法を施行する上でも相当に役立ったのだと思う。子供の時から、心理を自然に工夫し体得していたというのが真相だと思う。だが、後世の者は、地道に学んでゆかなくてはならないのであろう。その意味で、この書は道しるべになること、疑いのないことである。

求めたい方は下記URLまで。
レイセイ出版:http://www.reisei-press.com/books/sinriryouhou/
 
| kawashima1092 | 21:41 | - | - | - | - |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode