Entry: main  << >>
気の亢まり【七夕操法会】
7月7日は、恒例の 七夕操法会ならびに七夕の願掛けでした。
今年は、さらに七夕の易筮を加味しました。

七夕操法会は、野中操法による整腹が主体でした。これは野口晴哉先生の編み出された整体操法でもそうですが、野中操法の整圧・抜圧は腹の真ん中をよく整えるのです。殊に、丹田の部分の充実と安定には定評がある。腹部の偏りを整えて、体の真ん中に、気を集めやすくするのです。

野口整体を学んでいる方や心得のある方が、之を学びますと単なる野中操法ではなく様々な応用が出来るのです。先人たちも、そのように技術を取り入れましたが、野中操法の原型を知らないが故に、腹部を整えるこの技術を等閑に捨て置くの事態になっておるのが現状です。

今日は、七夕の祈願・願掛けもあることですから、そこのところをテーマに操法会を行いました。また、深息法、無音の整腹気合法などの応用もやり、輸気の特殊誘導を行いました。通常の誘導と違うものだったことは、お受けになった皆さんはお分かりだと思います。古伝では、あれに近い型が存在していました。まあ、その復活でもあったわけです。

七夕の易筮は、変爻を大切にしていただきたいと思います。易は、単なる占いというよりも、活きた哲学、生きるための指標です。東洋の智恵です。

大切なことは、腹を真っ白く空っぽにして、明るく居ることです。白隠禅師というお方は腹に阿頼耶識の煩悩、暗闇があるんじゃと、言われています。それは無明であり、迷いの大本です。操法により、腹を整えて、野中豪策大先生のいう「人間は玉でごわす」にするのです。野口先生の言われるように、深く息を整えるのです。「人間の心は無限」と、野口師は言われたが、整腹と深息がなされていたら、願ごうて叶わざることは何一つないであろう。

今年の七夕祭も楽しかった。来年はさらに大きな輪になることを、僕は七夕に祈ったのである。参加者の皆さん、来てくれてありがとう!

七夕祭
| kawashima1092 | 01:13 | - | - | - | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode