Entry: main  << >>
五島哲さん3周忌 【先生との思い出】
今日は東急グループの創始者五島慶太氏のお孫さんである五島哲さんの三回忌(命日)である。五島さんは、東急の二代目大社長である五島昇さんのご長男であった。
在りし日の五島哲氏
 (ありし日の五島哲さん)
僕はこの方と或る治療院に勤めているときにご縁をいただいた。そのときのことを今でもよく憶えている。このことについては述べたことがあるかもしれないが、再度記したいと思う。

五島さんのお住まいは、世田谷区上野毛の五島美術館の指呼に位置する場所だ。したがって野口晴哉先生のおられた整体協会とはご近所だ。実際、今から37年前後だが、五島さんは野口先生の整体操法を受けている。整体協会に入会したわけではないが、立場上特別に受けたという。

腰痛で悩んでいて数回施術してもらったという。活元会にも出たが、奇妙なものだというのは正直な感想だったようだ。五島さんは、僕が野口晴哉先生のことばかり話すので、いつしか「君の執念はすごいなぁ」と言うようになっていた。またその周辺のことについても随分お話した。

五島さんとの出会いで一番初めに話したことは、彼の祖父五島慶太氏の逸話だった。東急電鉄の最初の事業であった今は無き目蒲線の話だ。五島慶太氏は苦労して目蒲線開通までこぎつけたが、開通式が奇しくも大正12年9月1日正午。丁度、開通式をやろうとしたら関東大震災が発生し、事業は振り出しどころか目処が立たなくなった。

僕はこの話を心の糧にしていた時があった。五島氏は、その後宮城(皇居)にゆき植え込みの松の木が「首を括れ」と言っているように聞こえたと述懐している。この逸話と御祖父のがんばりに心を支えられましたと、お孫さんである哲さんに話したのだった。

因縁とか奇縁というものがあるとすれば、こういうことを言うのであろうか。実に不思議ではないか。

僕が独立してからも五島さんは週1度は来院していただいた。彼は当時東急建設の社長であり、社会的立場のある方だったが、裏長屋の僕の治療所に通って下さった。僕は野口晴哉先生を尊敬しつつも、実際の技法を体感できずにいた。ごく幼少のときに親戚が整体協会に連れて行ったというが、憶えていることはあまりない。その人もとっくに亡くなっているので詳しいことはわからない。なぜかご縁がなかったのだ。しかし五島さんの腰には、野口先生の操法の痕跡(手形)が亡くなる2週間前まではあったことを断言できる。

詳らかに言えば、左側の腰椎第2番の3側付近である。ここにある種の操法の支える痕跡(手形)が残っていたのだ。僕において野口先生との接点は、これが唯一のものだった。どのような方だったのか、五島さんから随分聞いた。

五島さんが亡くなる年に、ご父君の昇さんと親しく、さらに哲さんの一番の理解者であった城山三郎さんが亡くなった。このときの哲さんの体の変化はすごかった。精神的なショックがこうも身体に反映するのかと思った。その後数ヶ月して、彼は癌になった。しかし手術は大成功だった。亡くなる一週間前、例の腰の痕跡(手形)が無くなっていた。帰りにお話したときにも、まるで死者と話しているようだった。その眼光の中にある種の死期を視た。人は死ぬ4日前に鳩尾の禁点に硬結が出るという。しかしその以前から体全体でそのような気を発し、兆候を示しているのだと思う。

亡くなったことを知りすぐにご自宅へお伺いした。先生の亡骸に向かってであるが、僕は今までお世話になったことなどのお礼を申し上げた。当然のことながら、その後僕なりにご供養させていただいた。死後10日目に夢中に出現し、お話をした。僕は、すでに先生はお亡くなりになっていることを諭した。

僕は五島さんのことを、社長とか、五島さんとは呼ばなかった。先生と呼んだ。僕にとっては色々なことを教えてくれる先生だったのだ。野口晴哉師を我が指に感じさせてくれる唯一の人だった。

ご命日である今日、九品仏(くほんぶつ)の菩提所にゆき読経供養した。この一年間のご報告をした。現在、僕は野中操法研究会を通じてたくさんの仲間ができ、御岳山までゆき滝行気合までするようになった。生きておられたら、喜んで下さったと思う。いつか本を書き上げたら、中に一文添えていただくことになっていた。それはついに叶わなかった。来年、僕の書いた本が出版されることになろう。僕は魂をこめて書く。その本を先生の墓前にささげよう。全力で生き切ることがお世話になった方々へのご恩返しだと思っている。
| kawashima1092 | 21:37 | - | - | - | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode