Entry: main  << >>
【松本道別師の奥津城】 森坂氏が発見す!
松本道別翁の奥津城にて
    (松本道別師の奥津城に参詣す)

平成21年12月4日(金)は記念すべき日となりました。野中操法研究会で研鑽を重ね、御岳山滝行気合会・霊学講座座学にもよくご参加しておられる森坂さんが、松本道別翁の奥津城(お墓)を発見してくれたので、彼を案内人として参詣することができたのである。

森坂さんは松本翁のお墓のある広い霊園を5日間も来訪し調査した。その結果、違う事なき師の墓標を探し得たのである。神仏のご加護の賜物であろう。

先月の霊学講座の折り、僕は松本翁のお墓について言及した。森坂氏は霊学を志すならば祖の所にゆきお参りしなければいけない。それがスジであると考えたという。5日間掛ったというのは「行試し」だったのであろう。

我が会では滝行気合法を標榜し、霊学講座の祖である松本道別師(まつもとちわき)の道統を中興しようとしている。松本翁のお弟子には、戦前のことであるが、蒼々たるメンバーがいる。整体協会の創設者・野口晴哉師もその一人である。僕の師のひとりも松本道別翁のお弟子である。

松本師の霊学講座の修道の段階には、およそ3段階ある。我々はそのうちの1段階から2段階を修練しつつある。また3段階目も徐々に、その前伝をお伝えしている。

松本師は霊学道場を主宰し「霊学春秋」という雑誌を刊行していた。その第8号で次のように述べている。『我輩は事功を現代に望まず、五十年後百年後の知己と結果を天上の高天の原に待たむと欲するのである』と。御岳山にて滝行気合帰神法を行う一団は我ら以外に遂に居らず。翁のいう50年、100年後の知己とは、我々であると確信するものである。

我が野中操法研究会、滝行気合法の会ともに、100年200年先の人類邦人にむけて念力・思念を発しているのである。僕は今日みなさんの分まで念を凝らし祈請した。奥津城(おくつき)を清掃させていただき、献花・焼香のうえ供養の読経を奉献した。

森坂氏の功績をここに永遠に刻印したいと思う。
松本道別師は、昭和17年5月31日仙去 享年72歳
東京の多磨霊園にご子息・お孫さんと共に永眠す
本名は松本順吉(まつもとじゅんきち) 墓標は昭和46年5月建立

霊学を真摯に志す者、心を清くしてお参りせられよ。必ずご加護あり。

野中操法研究会会長 川島金山 謹んで之を記す
| kawashima1092 | 21:53 | - | - | - | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode