Entry: main  << >>
六本木鼎談 【技術は常に進歩する】 滝行の友 
タバコが引き起こすさまざまな病気
(タバコが引き起こすさまざまな病気)

現在、宮本紘吉著「新正体法」「続 新正体法」の復刻が盟友である橋本馨先生によって進められている。野中操法を研究しておられる諸兄におかれましても購入してご一読されることをお勧めします。また同時に正体術の復刻普及の第一人者である神崎先生の講座に参加されることもお勧めします。

昨日お二方と僕とで、六本木にて鼎談をし、或る施術法の講習をしていただきました。やはり技術というものは常に進歩しているのだと感じました。

整体操法では是く言うとか、野口整体ではこうだとか言っても、時代は常に前進している。治療術として効果がないのに、整体操法が治療術としても優れていると主張するのはいかがなものか?酢だのコンニャクだのといっても、野口先生が治療術として施術していたのは大昔のことだ。

ちなみに野口整体では、タバコを禁止しない。むしろ若い会員などは慣れない手つきで喫煙している。僕は愛煙家を多く知っているので、喫煙するときの、その手つきや表情で如何に味わっているかがよく分かる。しかし野口整体をやっているという若い連中の喫煙時の所作の、ぎこちないこと、ぎこちないこと。全然、様になっていない。

昨日、或る人からタバコの害について書いたものをもらった。これを読んでみると喫煙というのは百害あって一利無しのようである。整体的な理由だといって喫煙するのはご勝手だが、周囲に少なからずの迷惑を及ぼしているのであれば、野口整体的な屁理屈は通らないのではないか?

大体、整体指導であれ指圧であれ、カイロであれ鍼灸であれ、他人様に施術をする者が、タバコ臭くてどうなのか?皆さんはどう思われますか?野口先生がタバコを吸っていようが、野口整体ではこういう理屈・理由があると言おうが、そんなことは、僕には通用しないし、世間でも通用しないであろう。良くないものは良くないのだ。

分かりやすい例でもって柔軟性の大切なことを示した。頑固一徹と柔軟さ、ものごとを発展させ定着させてゆくには、この2つが大切ではないか?僕はそんなふうに思う。野口整体に於ける喫煙の例は、その一例に過ぎない。

それから大分寒さが増してきました。滝行をやる方も心身の管理がより大切な時期となってきました。僕は『遠赤美人』というレンジで温めることが出来る『あんか』を滝行が終わった後、自宅で活用している。また、施術の際にも活用して重宝している。野中操法において第一健康線を温めることなどにも使うと良いでしょう。蒸しタオル法の代用としてもよい。これはお勧めです。2個セットで6300円(税込み)。滝行の友です(笑)

しばらくしましたら来年度のスケジュールも発表します。
| kawashima1092 | 19:17 | - | - | - | - |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode