Entry: main  << >>
天源術秘鍵 【三禁の事】 運命学夜話(1)
チベット九星盤
 (チベット伝 九星八卦十二支占盤)

天源術という占術をご存知であろうか?
「天から享けた命徳の源をを遡及する術」という意味である。
この天源を江戸時代末期に伝えていたのが、奥野清次郎氏という人物であり、その弟子が天源淘宮術を創始した横山丸三翁である。

元々、この天源術は形を変えて各藩に伝えられていた。それは主に兵法家の家柄の人たちである。人事百般だけでなく戦場における秘策の為に斯術を用い、戦さの必勝を期したのである。

その全貌は明らかになっていない。しかし胎命術という特殊な占法が存在することは分っている。子供が母体に宿ったときに看命してみると、およその運命がわかるというのである。

しかし、僕は日本の運命学は人にお勧めしない。例えば紫微斗数という占術があるが、日本で中国の原典を翻訳したときの暦そのものが間違えていて、正確な命盤が作成できないということがある。これは1例であり、度々そのようなことがある。

だからインドやチベットの占星術をお勧めする。これは日本にはない優れた智慧の宝庫である。ご縁あらばご紹介してもよい。詳しくは述べないが、生まれ日時により強化しなければならない星があり、そのために独特の作り方で宝石を身に着ける法やお守りを作成する法がある。

さて、話を元に戻す。天源術である。
この方術には、昔から1つの教えがある。それは「三禁の理」である。
三禁(さんきん)とは、3つの戒めである。運命学、占術を志す者の戒めである。

『盗・姦・寿を云わず』というのが、それである。
盗は、誰が盗んだとかいうことの占断結果を云わない。
姦は、誰と誰が姦通しているなどのことは云わない。
寿は、人の寿命に関する占断結果を云わない。
これら3つのうちいずれかを犯すと、災厄が訪れると云われる。碌なことがないのである。特に寿命に関することは、非常に多く、トラブルが多い。

三禁は、占断に限らず、この渡世をゆくうえでも適用されよう。
分を知ることは天命を知ることに通じ。天命を知り、修めるは三禁に通じる。三禁を戒めることは、平凡に通じる。凡そ平らかに人生を締めくくれる人は少ない。三禁と共に平凡ということについて考えることしばしである。
| kawashima1092 | 01:55 | - | - | - | - |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode