Entry: main  << >>
帰神法滝行 【伊勢神宮で岩笛を授かる】
岩笛
  (川島金山の秘蔵せる岩笛)

このところ滝行気合法に関する問い合わせが多い。
先日の御嶽山:七代之瀧での滝行気合法の記事をご覧になった為であろう。僕の体験的な理屈からすると気合の訓練は滝行が一番良い。必死の気合を掛けないと心臓麻痺にでもなってしまうからだ。本気の気合が自動的にできるわけである。

滝行というものは、気合法の訓練だけが効用ではない。潜在意識の使い方、浄化、深い瞑想の力(禅定)を体得するのに土台となるものだ。滝行というものは密教や霊術体得に非常に効果的なのである。

いわゆる霊学というものがある。野口晴哉先生の師匠:松本道別師(まつもとちわき)は「霊学講座」という著作を遺しているが、この霊学と言う言葉は、復古神道の一つである本田親徳大人(ほんだちかあつうし)の学統から来ている。本田大人は、三大皇学というものを中興した人物とされる。少し霊学・霊術を齧ると「鎮魂帰神法」という語に出くわす。正確には鎮魂法・帰神術というのであるが、源は太古から皇室にてあったものという。

あの三島由紀夫が物した「英霊の声」に帰神法を施行しているシーンがある。非常に臨場感があり、実際に帰神法の現場を見たのではないかとさえ思える。この小説でも(現実にもそうなのだが)岩笛を鳴らす場面がある。帰神法を施行するには、審神者(サニハ)が居なければならない。本田師直系の法系では、瀧行などはやらない。しかし松本道別師は瀧場で訓練をしたのである。これはやってみればわかることだ。

滝行を続けていると、あるとき岩笛を授かる。これは本当に自然に授かるのだ。岩笛には吹奏に仕方に秘伝があり、「幽ー、幽ー」「ヒフミヨイムナヤコト」などを発声しながらやるということがある。霊夢で在り処を知らされたり、啓示を受ける等いろいろだ。

僕の場合は、いまから12年程前に伊勢神宮参拝の折に授かった。伊勢神宮:外宮(げぐう)の土之宮のご神前でだ。ここには、周辺の土地神である大土御親神(おおつちみおやのかみ)が奉祀されている。白いやや三角の生き石で金色の入りたる岩笛だ。

滝行を1000回以上行じ、功成ったので彼の世界から授けられたものだと思う。滝行における道しるべ、過程を述べるために、この事実をお伝えするわけである。例の御嶽山〜大岳山全山で岩笛が出る処が一箇所だけあるという。このことは松本道別翁が述べていることだ。そのためには大岳山神社まで参拝の行をしなければならない。大岳山神社まで参拝にゆかないと授からないと言うのだ。滝行気合法の修練会を通じて、岩笛がご一同に授かるようになったとき、真の意味で霊術が復興されたと言えよう。僕は本気でそのことを念願している。
| kawashima1092 | 10:13 | - | - | - | - |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode