Entry: main  << >>
野口晴哉伝 【第一健康線と腰椎の関係】 野中操法奥伝 
整体操法読本(巻二)
(幻の書:整体操法読本)

6月14日と16日の二日にわたり、第二部特別講習会を行う。
野口晴哉師が講習会で教えられた、第一健康線上の腰椎1番から5番の正確な整圧点を学ぶ。また整体操法の基本型や腹部操法、健康線に対する愉気の仕方も研鑽する。

今回の講習内容は、整体操法をよく学ばれている方や、野口先生の直弟子先生ならば当たり前のことだが、在野で治療をやっている人間にとっては、なかなか触れることのできないものだと思う。

『整体操法読本(第二巻)』を参考にして、講習を進めることにする。野中操法を生かす道はここにあると、僕は確信する。というよりも、整体操法の中では昔から野中操法が活用されている。すでに既成事実なのである。ただ健康線という概念が整体では無くなっているので、その概念と共に原型の型を復刻するわけである。

腹部操法というのは『整体操法読本』の中で、説明されている。腹部の第一調律点〜第五までの虚実等を先ず観るわけである。腹部の虚実が本来の状態でない場合、本来のあり方に戻すというのが、腹部操法である。背骨のほうの処理と共に、これはとても重要な技術だ。締めくくりの操法である腹部操法の際に、野中操法を先ずやることが野口晴哉師によって指示されている。

このように野中操法研究会では、豊富な資料を共有し、さらに操法の技術をも提供している。しかし、これは最初期の段階だけである。来年になったら、どうなるかは保障できない。すべてはご縁の賜物だと思う。
| kawashima1092 | 19:48 | - | - | - | - |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode