Entry: main  << >>
野中操法指導者 【自らの立処を問う】
整体操法では、立処(りっしょ)ということをいう。
自分の立ち位置というものを明確にする。整体操法においては、治療行為というものは無い。整体操法とは、潜在意識教育であり、彼をして自ら立たしむる技術である。本人すら分らないうちに、それを感応させる技術である。

自発ということが全てなのである。
客観的な身体、解剖生理学によるところの身体、そういうものの観点から整体操法を論ずることはできない。あくまで自分の主観的身体、内観的身体に感応するのが整体操法の真髄である。

このことは主客一体という悟りの世界に通じるものである。
ある整体の大御所は、整体生活から、この真理に到達している。それはチベットの古代からの教えに共通するものがあり、そのような修行に依らずして、整体生活のみで野口整体がそこに到達していることに、僕は心から敬意を表する。

そのような真髄の体得者がいわれるのには、身体には触れる順序があるということだ。整体における腹部調律点の五ヶ所、これもそうなのだ。順序正しく触れることで感応するのである。僕は健康線の整圧と共に、必ず第1〜第5の腹部調律点に愉気をする。

野中操法も同じことである。整圧の順序には意味があるのだ。感性があれば分ることなのだ。中には、整圧の順序を勝手に変えている愚かな者もいるが、感性がないからそんなことを勝手に作り出して指導している。指に力をつけるんだみたいなことを言って、まるで空手の突きみたいなくだらないことを教えている。操法者としての繊細な感性がないから平気でそんなことをやるのである。

はっきり云っておきますが、そのような変てこりんな稽古は野中操法には、ございません。こっちに苦情が来て迷惑しているので、明言しておきます。また、そのような変なことを教える集会に参加したことのある方は、自己申告してください。そうでない場合は、講習会のときに突然、退場をしていただくことになりますから。

要するに云いたいことは、立処ということなのです。丹田に力が無く、足元がフラフラしているから、勝手な順序、勝手な稽古法、勝手なやり方を教えたりする。そのほとんどが思いつきなのである。そういう筋の悪い変なことを教える者と縁を持つのも、自分がフラフラしているからなのである。自分の立処というものを考えていただければ幸いである。

自らを知らないというのは、実に怖ろしいものである。
仏道修行では、懺愧具足(ざんきぐそく)ということをいう。自らに愧じ、他人様に対して恥じることを意味する。このことは、どのような道をゆく上でも同じことが言えるであろう。天眼の修行をしてゆくと自他共に自ずからいろんなものが見えてくるのである。

僕の目指す『幻の整体操法』(野中操法・整体操法の統合法)は、天心に成りきることを目指すものだ。単なる治療・療術ではないことを確認していただきたい。それをもって世の人々を感応道交(かんのうどうきょう)せしむるのである。本気で同志になりたい人は修行をしてもらいます。どんな修行かって?やればわかりますよ。
| kawashima1092 | 00:27 | - | - | - | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode