Entry: main  << >>
野中操法:健康腺療法 『月刊手技療法 5月号』 特別掲載
先月に引き続き『月刊手技療法』5月号(たにぐち書店)に【幻の整体操法 正伝:野中操法】の記事が掲載されました。ひとえに皆様のご支援あってのことだと思い感謝しております。

大切なことは、昔の療術を今の時代に適応した形で復刻することです。医者もあまりいなかった時代には、療術をやる側も受ける側も必死だったわけです。当然、病気治しという意味合いが濃かった。しかし、今の日本人で病気と思われる事態になったとき療術師のもとに来るでしょうか? 答えは云わずともお分かりでしょう。療術だろうがなんだろうが、今と共にあるのです。
療術はもともと威力があるのだから、それを現代に適応した形で、人々に付与する構想・アイデアが必要です。

アイデアは、無心から来ます。雑念がなくなる、雑念をあるがままに見ているような境地になったときにアイデアはおとずれます。本年のはじめに僕は『整体ルネッサンス』といいました。それはまちがいなく胎動し、世の中を突き動かしていると思います。ささやかではあるが、すでに始まっている、そう確信しています。

今回の記事には、実技の写真が掲載されています。興味のある方はご一読ください。

| kawashima1092 | 23:20 | - | - | - | - |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode