Entry: main  << >>
野口晴哉述【潜在意識教育】(4) =漠たる一点(4)=
野口晴哉述【潜在意識教育】=漠たる一点=の最終回。
最後の引用をしたいと思う。

-----------------------------------------------------
   漠たる一点

・・・それ故、不快が精神の方向づけを行なうことは快の多い人に多いため、屡々見逃される。王冠は単なる頭痛をも癒さぬとこぼしておられるマーガレット妃のことを口にする迄もない。それ故に快多ければ不快も多く、従って精神的理由によって生ずる肉体的故障は快少なき人には少ないのである。まことに公平なことながら、精神指導を表面的観察から出発して為し得ない理由なのである。しかし、快不快の感覚の多くは、一瞬に来たって一瞬に去る。しかも快はそういう刹那的な場合が多いのに、不快は残る。不快が不快として残るのではなく、恨み、憎しみ、嘆き、悲しさとして残るので、当の製造者たる不快は多くの場合瞬間にして行方知らず、ということになる。この行方も知れぬ漠たる一点が、実に心理的理由による一切の心身上異常の立役者なのである。
(完)
-----------------------------------------------------

「不快(ふかい)」という文字ばかり書いていると、なんだか不快になるようで、おもしろいものです。不快=ふかいという音を聞いていると、宮崎駿監督の『風の谷のナウシカ』というアニメを連想してしまう。あの物語の場合は「腐海(ふかい)」と表記するのだが・・・。

人間は文明を築いてその果てに「腐海」を生んでしまった。しかし腐海は人間を蝕むものではなく、大地を浄化するための自然の働きであった。腐海の植物達が出す「瘴気(しょうき)」は大地の浄化のためだった。唯一人、主人公ナウシカだけがこの「腐海」の謎を解いた。詳しくはアニメをご覧頂きたい。

人間の「不快」は毒としてではなく、心身の異常として現出する。そして製造者たる不快はどこへ行ったかわからないという。始末におえない。野口晴哉先生は、この故に「一側」を観察したのである。この処に心理的なものが現れるからである。礼をし右に位置し、愉気をする。これが重要。愉気法により背骨が教えてくれるようになる。魂の感応を果たすのだ。

野口晴哉著『体運動の構造』において「整体操法は潜在意識教育だ」と明確に述べておられる。野口整体の「体育」というのはこのことなのである。野口晴哉の創成した体系が単なる治療術でないのはこの辺なのだ。しかしながら在野で整体操法を為すためには、治療的行為が必要だ。その最高峰が野中操法である。前回、打撲について述べたが、この打撲の認識はとても大切なものである。説く機会もあろうが、整体操法における、この打撲処理においても野中操法は整体操法の原型を有しているのである。このことは、誰一人説いていないし、判らなかった。この一点をもって野中操法が復活したと断言できると自負している。
| kawashima1092 | 09:08 | - | - | - | - |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode