Entry: main  << >>
野中操法研究会 【御岳山気合法修練会 ご報告(2)】 大口真神 現形す
【御岳山気合法修練会】のご報告(その2)をしたいと思う。
普通の整体操法家ならば書くことが出来ないことでも、僕には限界がないから、好き放題書くことができる。
野口整体では、按摩はいけないとか、強い鍼は良くないとか、背骨をボキボキ鳴らすのは良くないとか、いろいろ云われるが、僕にはそんなことは通用しない。ものごとやってみなければわからないし、それが合うという人がおるかぎり否定できない。だから、野中操法研究会の第一のルールは、『人のやっていることを否定しない』、ということがあるのだ。
もともと僕は宗教の世界と治療の世界に二股掛けていた人間だ。先般の御岳山気合法修練会の参加者でインドに行ったことのある人は、僕も含めて4名もいた。滝の行をしたことのある人は、3名いた。整体・治療などのプロは7名いた。野口整体や整体操法のプロの方ならば、あのような山の中の行場には来ないと思う。
実は2月の初め僕は御岳山に来山し、奥宮まで行った。修練会の時には行くことはあるまいと思い、皆さんの分まで来参した。そこにはあの山を護る大口真神という神霊と日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が祀られている。当日の武州御嶽神社での御祓いのときにも、このときにも一同の御守護と御加護を祈念した。修行というものをする場合、こういう祈願誓願というものがなくてはならない。それなくして感応しないのである。人間に感応せしむるのと、神霊という存在に感応せしむるのとでは、違うルールがあるのだ。僕は、野口晴哉先生の師匠の松本道別翁(まつもとちわき)を守護し、あの山の大神が彼に『霊学講座』を書かせたという、その根源の力が今も尚、生きているのかどうか、心から祈念していた。
松本翁の霊学道場は、御岳山や熊野那智で、霊学講習をたびたび開いていた。
少年の野口晴哉は、松本翁に教えられた修行を忠実に行った。だから気合法も主にあそこでやったのであろう。松本翁は『霊学講座』全四巻を書いているが、これは御嶽大神(御嶽大権現)のご神示による厳命だったという。御嶽大神(御嶽大権現)とは、修験道の本尊である金剛蔵王大権現、クシマチノ神(オオマトズノ神)、大口真神が合体した、三身一体の神霊のことである。
この御嶽大神(御嶽大権現)に、大口真神を通じて祈り、大口真神の現形(げぎょう)を祈請した。現形(げぎょう)というのは、神道のほうの言葉で、古来我が国では神霊が直接的に姿と現すということがおこなわれ、そして何らかの形をもって姿を留めるということがなされた。これを現形(げぎょう)というのである。
つまり僕は、大口真神の現形(げぎょう)を祈念したのであった。
はからずも翌日、カメラよって、滝の中に現れた『大口真神』が撮影されていたことが判った。この写真は川島整体・健康腺療法研究所内に掲げ、安置しておくことしようと思う。
この出来事により【御岳山気合法修練会】は、【気合霊法の修練会】になっていたのだと感じている。単なる【気合法】ではなく【気合霊法】である。あるいは【霊法 気合術】とでもいうべきかもしれない。
参加者ご一同は、このことに大いに自信をもって良いと思う。
これに関する逸話・秘話は、他にもあるのだが、これは内輪の講習の折にお話させていただくことにする。

川島金山 謹記
| kawashima1092 | 14:36 | - | - | - | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode