Entry: main  << >>
野口晴哉著【健康の自然法】を読む(4) =掌心発現=
野口晴哉著『健康の自然法』にて掌心発現について書かれているところがある。野中操法と整体操法を融合する上でも、整体操法のみをやってゆく上でも、愉気法の理解と実践は真ん中にくる技法であると思う。整体操法の創始者である野口晴哉先生の記述は、本物の整体法を志す者にとって、裨益するところ大であると思う。同書P45〜46より引用する。

---------------------------------------------------------------
    掌心発現について

掌心感応の生ずるところに愉気をする。之が何よりのやり方だ。しかし体は広い。掌は狭い。掌心感応の生ずるところを探さねばならない。ところが愉気をしていると相手の指に感応的な動きが生ずる。その部に感応しているといえる。相手の指の現われる感応的動きで掌心感応の生じ易い部分を求める。之を掌心発現という。
  
   拇指ーーー四肢
   食指ーーー腹部
左  中指ーーー頭部
   薬指ーーー胸部
   小指ーーー腰部

   拇指ーーー脊髄神経系
   食指ーーー太陽神経叢 交感神経系
右  中指ーーー中枢神経系
   薬指ーーー副交感神経系
   小指ーーー骨盤神経叢

掌心発現によって触手療法を行なうことがパパの体験ではもっとも効果がある。理由はパパにも判らない。ただ触手療法を行ない乍ら、人間のどんな細かな動きも見逃さないようにして来た四十年間の智慧だ。
---------------------------------------------------------------   

操法のはじめに愉気をやり、相手の背骨に気を通す。感応させるのだ。日頃から深息法の鍛錬をしている者は、深息法をしながら愉気すると良い。相手の背骨と自分の背骨が一つになって、背骨で息をしているように感じられる。このような感覚のときには、必ず掌心発現がある。発現したなら、そこを処として愉気しても良いし、関連部位の操法をするが良い。
僕の場合は、野中操法に結び付けてゆく。健康腺の整圧を根本操法としている。これには理由がある。このことは講習会でお話したいと思う。

愉気(輸気)ということについて一言述べておきたい。
愉気は、手だけで行なうものではないということだ。それは眼からでも、心からでも可能だということだ。
事実、僕は重篤な方の所に訪問でゆくことがあるけれども、心から気を発揮する心持だけで、その方の眼光が変化する。眼に力が出てくるのだ。だから操法者は、気で満たされてないといけないと思う。気を満たすためには、野口晴哉直伝の深息法・気合法を毎日少しずつでも鍛錬することをお勧めする。
教授してもらうのに、自由が丘の『整体院:大地』は、僕がお勧めしている指導室だ。若いが実力のある浜田貫太郎先生が指導している。
また、ご縁あらば僕が教授することもあろう。
とにかく明法の師匠に付かれれば良いのである。

特に初学の方は、『掌心発現』を大切に修練していってほしいと思う。

 川島金山 記す
| kawashima1092 | 00:20 | - | - | - | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode