Entry: main  << >>
岡島瑞徳先生からのギフト(2) =先生が指導した方の来院=
ブログ記事「岡島瑞徳先生からのギフト(1)」では、禁点の硬結を発見したことについて述べた。岡島先生の「新・整体入門」に記されている禁点の位置が正確であることを僕は体感した。

11月19日(水)の午前中に禁点の硬結に遭遇したわけだが、その日の午後に、或る女性から整体法を受けたいという問い合わせがあった。僕の治療・操法は、背骨その他への愉気と野中操法(腹部操法)・手足の操法・背中操法・頭部などすべて行うのだが、そのことをご理解していただいた上で予約を受けた。夕方にその方は来院した。

まず受付表・問診表に記入していただく。その方と相対してお話しを伺う。聞いてみると野口整体は知っていて、岡島先生に操法を受けたことがあるというではないか。お母さんが岡島先生に整体を習っていたそうだ。その後は岡島先生のお弟子さんで師範位だった方が独立したので、その方について整体法を学ばれたという。

僕は不思議に思い、「岡島瑞徳先生が亡くなられたことをご存知か」と訊ねた。するとその方は、全然知らないと言い、大変驚かれた。16日に経堂の道場で「偲ぶ会」があり、CS研究会は一旦閉会だともお伝えした。

ではなぜ僕のところに来院したのだろう。リーフレットなど見て、自分の知っている整体法のような感じがしたというのである。この方は今年の8月に引っ越してこられて、2才になるお子さんもいる。

いろいろとお話して、操法をおこなう。背骨を丹念に見る。さらにピアノ式の見方で看てゆく。この方の背骨を岡島先生も触れたのだ。子供頃に整体操法の指導を受けて育ったのだという。僕としては実に不思議な感覚であった。彼女の背骨を通じて、岡島先生、その先に野口先生が居られるように感じるのだ。それも、とても身近に感じるのだ。一度も会ったこともないのに。

操法が終わると、「子供を連れてきてもいいですか」と。僕はいいですよと言ったが、不思議な整体のご縁に驚きを禁じえなかった。岡島先生の「偲ぶ会」にゆき、縁が生じた。その縁が元で、かつて先生から整体操法指導を受けた方が来院した。「華厳経」(けごんきょう)というお経では「重々無尽縁起の法」という。じゅうじゅうむじんえんぎのほう、と読む。縁は連鎖して尽きることが無い。この縁の流れの中から本物の「幻の整体操法」は出現してくるのであろう。いま僕は、整体操法体得のために修練している。毎日執念を燃やして訓練している。19日、禁点の硬結を午前中に感得し、午後には岡島先生の整体操法指導を受けた方が来院した。僕はこのギフトをおろそかにはしない。
| kawashima1092 | 20:54 | - | - | - | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode