Entry: main  << >>
野口晴哉著:整体操法教授書(4) =急所の話(膝の裏)=
「指の使い方(別伝)」
「指は指の力で使ふべからず指は相手の力で使ふもの也 いつも柔らかに気を集めて力を入れないやうに用ふること大切也 処は指で知る也 度を知るも指也 放す機も指で悟る也 指を棒の代りに使ふ可からざる所以也
 相手の息で押す也 押すは放す為也 放すは機也 度の適を得機に依って
放つ也 整圧といふこと押す技に非ずして放す技也 その押すも耐ゆるも又放すも息に依る也 息合せ息合ひて押す也 放つ也 指を使ふは指の術に非ずして息の術也」

昨日は、ここまで書いたので続きを書く。

「強くも弱くも相手に依る也 長くも短きも急なるも緩なるも相手次第也
自分の指で押す可からざるは勿論いつも相手の動きを読んでその感受性に依りて度を得る也
 実は外し虚はつく也 硬結と押し合ふは下手也 転位と力比べするも下手也 しかも指で押すはもっと下手也 指で押すに非ずして腰で押すと形容してもおそき也 指を使ふは人間の全部に依る也
 硬結は周囲より押し弛緩は中央より押す 過敏は静かに長く圧痛は強く短く押す也 転位は急に押し急に放して相手を緩ましめて又急に押す也」
(つづく)

「硬結」「弛緩」「過敏」「転位」などの語句を憶えておかれるとよい。
文中の「硬結は周囲より押し」とは「の」字を描くように整圧することだ。
これを練習するには、膝の裏がよい。処は五ヵ所アリ。その硬い部分を整圧
すればよい。まず、親指に気を通す、それを処に当てて更に気を通す。今度は四指で集めて、もう片方の親指で圧し、「の」字に整圧する。当然、愉気をしている。とかしてゆくようにして、最後に弾く。やれば効果絶大なることを確認であろう。老人は膝が悪いことが多く、膝の裏に「硬結」があることは当たり前である。膝というのは内臓との関連がある。膝を診るとどの程度の内臓の状態かわかる。殊に腎臓系の具合の悪い人には、膝の裏は効果絶大。愉気しながら行うことが大切なのは言うまでもないことである。


野中操法講習会:11月8日(土)午後6時〜9時
       場所:健康腺指圧治療院
       詳しくは下記まで問い合せてください

連絡先:野中操法研究会
会長:川島まで
| kawashima1092 | 00:29 | - | - | - | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode