Entry: main  << >>
幻の整体法:野中操法(健康腺療法)の復活秘道(4)
健康腺の中でも第一健康腺といわれる処が野中操法(健康腺療法)に於ける操法の急所だといえる。以前にもすこし紹介したが、この処で腰椎の一番から五番の状態を読むことができるのである。また健康腺の急所の一点の整圧(指圧・抜圧(ぬきあつ))により全身を一気に整体するということが可能だともいわれている。野中操法の究極の極意は、急処一点を見つけ出して完璧に整圧することである。まあ、そんなことができたのは野中豪策先生(のなかごうさく)だけであろうが・・・。
だからこそあの野口晴哉が野中豪策のことを「技術的に100年に一人の天才」と評したのであろう。

整体操法でも腹部から腰椎を読むということをする。腹部との関係で腰椎を診るとその人の体の持つ潜在力がよくわかる。治療・指導というものは、その人の潜在的な欲求や潜在体力をよく診ないと上手くゆかない。腹部と腰部は、操法者が診なければならない要処なのである。

言葉一つで見事な治療になることもある。
だから腹部・腰椎の状態をよく診ておくことが大切なのだ。
一本槍ではおぼつかない。いくつもの物差しがいるのだ。
何でもかんでも押せば良いというものではないのだ。
その意味で「健康腺を腹診法としてつかう」という吉田先生の高弟:Y先生(健康腺鍼術:免許皆伝の先生)の言は至言であり、復活秘道の指標といえよう。
よく腹部全体と第一健康腺を診ること、これを日々の操法の指導・治療に取り入れることを皆様にお勧めする。
| kawashima1092 | 00:00 | - | - | - | - |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode