Entry: main  << >>
幻の整体法:野中操法(健康腺療法)の復活秘道(2)
野中豪策(のなかごうさく)の法の正統後継者は吉田禎克先生であり、吉田先生は鍼による健康腺療法を創始した人だ。吉田先生門下では、この鍼術を教えていたのである。したがって健康腺療法における鍼術を語ることの出来るのは、吉田先生から直々に免許皆伝を受けた者だけが言えることだと思う。

読者が間違えてはいけないので、鍼の健康腺療法の出来る先生は以下の2名だけだということを申し添えておく。もちろん免許皆伝の証書を持つ先生です。吉田先生の健康腺鍼術を語ることが出来るのは免許皆伝者のみです。
まず一番弟子の世田谷区のY先生、次に二番弟子の岩国市のY先生のお二方
です。あともう一人、大田区のY先生がいましたが、残念なことに昨年お亡くなりになりました。

僕は手技療法を志す者ですが、本物の健康腺鍼術がこの世に残ることを期待しています。それは吉田先生より直筆の免許皆伝証をいただいた先生方の生徒さんの中から出てくるのであろうと思います。

Y先生のお話によれば、健康腺療法+鍼で、健康腺の部位が良くなるのではないということです。そんなに単純なものではないようです。これは健康腺における症状の深さ、骨盤の閉開に関係のあることなのです。
吉田門下においても外部の者でも、鍼術についていい加減なことを平気で言う人間がいるといけないので、ここに公けに発言する次第です。諒とされたい。

ちなみに手技のほうの野中操法(健康腺療法)は、幾人かの整体操法者により受け継がれている。その代表が野口晴哉で戦後四ヶ月間の整体操法講習会を東京治療師会主催で開催している。もちろん野中操法(健康腺療法)も伝授されており、恥骨における硬結をはじめから処理できたのは野口晴哉だけだったと言い伝えられています。そういう流れの中で僕はいくつかの伝承を持っています。その中には、腰椎の一つ一つと健康腺が関連していることを明確にしているものもあるのです。健康腺を教えている人の中には、そういうことは知らずに教えている方もいるようなので敢えて秘伝を述べてみました。自分の先生を選ぶときには慎重に本物を選びたいものです。

今の時代、鍼の健康腺療法・手技の野中操法、共に体得するための秘道が開かれているのである。
| kawashima1092 | 00:00 | - | - | - | - |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode