Entry: main  << >>
野中操法フランチャイズ構想(1)
整体操法を教授してくださっている先生は整体操法のフランチャイズを構想している人だ。困難もあろうが必ず実現することであろう。実は僕も野中操法(=健康腺療法)のフランチャイズ構想がある。どういうものかというと、健康腺療法を基にした指圧治療院と厚労省認可の指圧学校をつくるのだ。現在、僕は健康腺指圧治療院というものを経営している。だから第一号店はすでに出現している。厚労省認可の指圧学校をつくることができれば卒業生は国家資格を受験することができ国家資格を得ることができる。医業類似業者として開業できるわけだ。またすでに僕は訪問医療マッサージをはじめている。これは医療保険でとても安価に指圧マッサージを受けられる制度であり当然保険者から療養費が支給される。高齢化社会に適応しているやり方だと思う。自由診療は通常の指圧などと同じ料金システムで被施術者からお金をいただく。この二段構えのシステムにより安定した収入が見込めると共に、いろいろな階層の方々を治療でき技術が向上する。いま自分で推進していて確実に歩をすすめているからうまくゆくことは断言できる。指圧の授業の中には健康腺指圧(=野中操法、健康腺療法)の習得講座も設ける。健康腺指圧というのは僕のつくった造語だ。しかしながら野中操法は指圧そのものではない。指圧の反対の抜くということが秘訣なのである。だから押すのではなく、押すのは抜くためだといわれるのだ。そこで僕は抜圧(ぬきあつ)という言葉もつくった。
指圧療法の中興の祖にして名人大家であった浪越徳次郎氏は名台詞を残した。「指圧の心は母心、押せば命の泉わく、ハハハハハ」というものだ。
僕は健康腺指圧をこう表現する。
「けんこうせん、指圧、ぬきあつ(抜圧)、これ命なり・・・」と。
| kawashima1092 | 00:00 | - | - | - | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode