Page: 1/1   
野口晴哉『体操のおこり』 【整体体操ノート1】を読む(3)
昭和34年3月【整体体操ノート1】発刊。

野口晴哉著『体操のおこり』の全文をご紹介しよう。

−−−−−−−

 体操のおこり
 
原始の人には体操はありませんでした。
それは衣食住みな自分の体を使って営まねばなりませんでしたから、体の使い方は平均し余分な知識の為の不安が無いので眠くなって眠り、醒めて起きていたので一日の疲れは一日で抜けておったのでしょう。
もっとも外傷や悪いものを食べた為におこる体の変動はありましたでしょう。その時は自然の反射運動で傷口を押さえるとか、凝ったところを叩くとか、泣きわめき体をゆすぶるとか 無意識の体操をして調整したかもしれませんが、意識して体操の必要を感じだしたのは生活様式の分業によって体の使い方が偏りだしてからだろうと思います。縫う人は朝から晩迄 針を指にもって腕を使い、脚を使うことは手のようではありません。考える人は坐って頭ばかり使い、観る人は木の上で眼ばかり使うようになって体の疲れる部部に偏りが生じたのです。その為に調整体操の必要を先ず体が感じ、たがやす人は脚を伸し腰を叩き、縫う人は眼を擦りまたたきし、ペンをとる人は手を伸ばして欠伸し、次第に之を意識して行うようになったであろうことは今でも同じことが行われているのであります。
文明が進歩する程 生活は分業化し、体操の必要は益々多くなっている筈でありますのに体の感じを段々粗末にしだした人間は異常を病気にし薬を服し湯に入ることを憶えて 体操を怠ってしまいましたが、いつの時代になっても自分の糞は自分で気張ることが一番早道であります。他人の手を煩わし、その人の手伝い方を褒めたり、けなしたりして、自分で気張ることを忘れてしまっているように、人間は自分の体のことを人任せにしだして体力を失いだしたのであります。そして体操はスポーツ化し、医術とスポーツが体操の分野を冒してしまいましたが、しかし矢張り人間が本当に丈夫に元気に生くる為には自分でやる体操によって体をいつも整えておくことが一番大切だったことにいつかは気づくことでしょう。
それはともかくとして、体操のはじまりは体の使い方の偏りによる疲労の偏りに対して行われる動作なのであります。本会がこの昔々人間の知識が少く体の勘によって行っていた体操を生理解剖的に分類し、その個人の疲労の偏りの調整に端的に役立つよう組み立てたのが整体体操なのであります。

 もう一度本来の 体操を復活させることを 理解せられる人の 研究又実行を希望しております。

昭和三十四年三月

                      野 口 晴 哉

−−−−−−−

次回は「体操のおこり」を踏まえつつ、野口晴哉著「健康の自然法」を引用しながら、体操法・愉気法等の本質を論じたいと思う。今回の書き込み予定の変更を諒とされたい。

| kawashima1092 | 00:06 | - | - | - | - |
野口晴哉『体操のおこり』 【整体体操ノート1】を読む(2)
昭和28年に体癖論の基礎を確立。
昭和29年1月体癖論に基づく体癖別整体操法を発表。整体操法協会を整体協会に改名。
昭和31年4月体癖論に基づいた整体体操を発表。
昭和34年3月【整体体操ノート1】発刊。

【整体体操ノート1】は社団法人整体協会研究部編となっており、この書の巻頭に野口晴哉著『体操のおこり』は書かれている。
では、ご紹介しよう。

−−−−−−−

 体操のおこり
 
原始の人には体操はありませんでした。
それは衣食住みな自分の体を使って営まねばなりませんでしたから、体の使い方は平均し余分な知識の為の不安が無いので眠くなって眠り、醒めて起きていたので一日の疲れは一日で抜けておったのでしょう。
もっとも外傷や悪いものを食べた為におこる体の変動はありましたでしょう。その時は自然の反射運動で傷口を押さえるとか、凝ったところを叩くとか、泣きわめき体をゆすぶるとか 無意識の体操をして調整したかもしれませんが、意識して体操の必要を感じだしたのは生活様式の分業によって体の使い方が偏りだしてからだろうと思います。縫う人は朝から晩迄 針を指にもって腕を使い、脚を使うことは手のようではありません。考える人は坐って頭ばかり使い、観る人は木の上で眼ばかり使うようになって体の疲れる部部に偏りが生じたのです。その為に調整体操の必要を先ず体が感じ、たがやす人は脚を伸し腰を叩き、縫う人は眼を擦りまたたきし、ペンをとる人は手を伸ばして欠伸し、次第に之を意識して行うようになったであろうことは今でも同じことが行われているのであります。・・・・

(つづく)
−−−−−−−

次回は「体操のおこり」の続きを引用して、体操法・愉気法等の本質を論じたいと思う。
| kawashima1092 | 00:44 | - | - | - | - |
野口晴哉【整体体操ノート1】を読む(1) 『うなぎの蒲焼操法の話』
12月6日の野中操法講習会の最後に、参加者の皆さんの所感を簡単に述べていただいた。そのまま忘年の杯をあげ、座談というか雑談した。その折に野口晴哉著【健康の自然法】の中に記されている、愉気の本質、霊気や気功と愉気の違いをお話しした。このブログで書くことを予告し、先行公開したわけである。だから本当はこれを先に書くのが筋なのだが、聞くところによると随分多くの方が、僕の拙い駄文を見てくれているらしい。その中には、未だご縁は無いのだが、同志とでも言うべきお方も居られると考えた。だから、忘年のギフトとして、先ず野口晴哉著【整体体操ノート1】の中の貴重な文章、『体操のおこり』を引用し、それから後に、整体に於ける「体操法・愉気法」の最も大切な基本概念を明確にしようと思う。その前に最近僕が遭遇した臨床例を知ってもらい、それをもってこの話題の前段にしたいと思う。

ごく最近、余命いくばくも無いと言われている90歳になる老人がいた。或る事が原因で肺炎になり、もうダメだということで緊急入院した。ところが入院していた大病院は、この老人を設備の劣る病院に転院させようとした。このことに抵抗したのは、85歳になる奥さんだ。虫の息のご主人の意思を尊重して自宅につれて帰った。医師や看護師やケアマネも、この奥さん一人では無理だからという理由で転院を勧め、現在もお勧めしている状態である。これは当然のことであろう。しかし、その90歳のご主人は流動食みたいなものを食べさせられ、どんどん衰弱してゆく。まるで人工的に植物状態にしているみたいだ。

僕はこの奥さんから相談を受けた。どうすれば元気になり、最期を全うできるのかと。僕は答えた「命の力を出し切ることですよ」と。「ではいまの主人にできることは」と奥さんは僕に訊いた。

このご主人は、近くの鰻屋のうなぎの蒲焼が大好きだ。その鰻屋は、注文を受けてからうなぎをさばく。鰻屋の亭主の顔はまるでうなぎで、うなぎがうなぎをさばいて、客にうなぎを食べさせるというのだ。僕はこの話を件の奥さんから聞かされていたので、いよいよという時に備えて奥さんにあらかじめうなぎのことばかり話していた。そして事はいよいよというところまで来たので、好きなものを食べさせてはというアイディアを話してみた。奥さんは、あっ!といってその日にうなぎの蒲焼を注文した。

そして2日後の奥さんの話だ。うなぎの蒲焼が来るとご主人は匂いに反応して、完食してしまったという。僕がゆくとご主人は眼の光がランランとして元気になっていて「ああ、院長先生おはようございます」とかいって挨拶した。正直これには驚いた。僕は命の力を出すために、うなぎの蒲焼が良いと思ったのだが、こんなに効果があるとは思わなかった。炯眼の読者はこの出来事の中に整体指導とか治療の真髄のカラクリがあることを見抜いているに違いない。すべての操法・治療・体操に於いても通底している真理がこの出来事には包含されていると思う。
僕は、これを『うなぎの蒲焼操法の話』と呼んでいる(笑)
| kawashima1092 | 00:00 | - | - | - | - |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode