Page: 1/1   
輸氣法の感応【皮膚に発現す;『放射性物質廃毒法』の効果】

今日は整体法の廃毒の法の有効性というか、証明をテーマにお話しよう。

整体における「毒素出し」の一つ。放射性物質の排出をねらった方法を『放射性物質の廃毒法』という。また『洗毒法』とも言う。

いずれにしても輸氣法が技術の真ん中にある。これなくして、心身の感応はない。

「春先は汗で廃毒する」と、整体家の柳澤先生は申されている。

「夏は皮膚から廃毒する」のだそうである。

暦の上では、5月2日が「八十八夜」。明日、5月6日が立夏である。暦では、もう夏なのである。だから、廃毒も「皮膚」から為されるのである。

背中のオデキ

今朝、そんなことを考えていたら、背中の一部に痛みを感じた。
オデキの様な物ができている。実は先月の28日、土佐高地の巡礼前にも同種のものが、右側の腋下付近(野中操法;第三健康線近く)にできた。しかし、これは土佐での「禊ぎ行」で何時の間にか消滅していた。

チベット密教のゾクチェンでは、すべての感覚を統合する。すべては自分の「本性」から出ていると考えるからである。しかし、「痛み」を統合することは難しい。明確に「苦痛」として在るからだ。

今回のように、背中に出現した程度のオデキの痛みだと、統合することが可能なようである。
痛みが、心地良いのである。

とにかく「放射性物質」の洗礼を受けていることの「証明」だと思う。こうして膿と血液を出すことで、身体は浄化してくれているのだろう。本当にすごいものだと思う。

原発事故以来、3つのオデキが出現した。今はよいが、体の奥に入り込んだときのことを考えると、実に恐ろしい思いである。将来の日本人の遺伝子の劣化は避けられないのであろうか。

多少の痛みも、将来の安全の為のものなのであろう。

いまから約1ヶ月前の4月10日、「整体法;洗毒法講座」の折、3人掛りで「洗毒輸氣法」をしてもらった。その効果が、はっきりと出たのだと感じている。
 

| kawashima1092 | 12:07 | - | - | - | - |
整体の極意伝 【自ずから春の体を感得するべし】
 昨夜、河野智聖先生と電話でお話した。僕のためにいろいろお気遣い下さったのである。感謝の念にたえない。

その際、整体操法指導者として令名が高かったK田先生のお話を伺った。K田先生はすでに故人であるが、その技術の凄さは門外漢の僕にですら聞こえていた。何人もの人から逸話を聞いたことがある。

その逸話の一つ。
春の体について伺うと、
「・・・(ここで今)言ったら一生わからなくなる・・・」と。

実に深遠な問答ではないか。冷暖自知(れいだんじち)というが・・・。
兎角現代人は、頭デッカチ、理解から入る。しかし、季節の体を感じたり、体癖を感じるのは、ある種の感性でしかない。整体では、気の感性というものが、その根本なのであろう。

このことは修行でもそう。お経を丸暗記しても、そこには何もない。ネットで印契や真言を調べても、そこには何もない。すべての継承は人によるのであり、法を感じとる感性でしかない。

中国仏教史の中で最も傑出した僧侶、天台大師智據覆舛)は、その著書で「感応道交(かんのうどうきょう)」という造語で、悟得の不可思議を表現している。師に会えるのも、師の何がしかを受けられるのも「感応道交」なのである。感性ということだ。

「自ずから春の体を感得するべし」だ。
改めまして河野先生、このことを教えてくださり感謝申し上げます。一人だけのものにしておくのは勿体ないので、不徳不肖の身ですが謹んでここに記しました。
| kawashima1092 | 19:56 | - | - | - | - |
野口晴哉口述【整体操法・中等講座】を読む =野中腰部活点=
昨日は、整体操法研究会の勉強会があった。毎週木曜日、自由が丘の道場でやっている。僕は先般書いた通り『跨ぎ』を磐石にする訓練を毎日続けている。自宅マンションの階段を上がるときにも、三段上がって、三側の跨ぎをやる。しばし静止。上半身の腕・手先など力を抜く。腰を入れる。そしてまた三段上がる。次は二側の跨ぎ。三側の跨ぎと同じようにやる。また三段上がり、次は一側・・・。この繰り返しだ。腰部以下を磐石にしつつ、上半身・腕・手先等は完全に力を抜く。一週間の成果を先生にチェックしていただく。今回もまた新しい示唆があった。特に三側の時の手の位置取り、一側の時の首の角度がわかった。やり込むことで修正されてくるのだ。先生から出されるテーマもあるのだが、昨日の勉強会での僕の執着はそれだった。

今日、本を整理してたら【整体操法・中等講座】が出てきた。パラパラと見てみる。随分おもしろいことが記されている。これは野口晴哉が生前、整体操法の中等講座をやったときの講義録である。講義したことが、そのまま文字になっている。だから表紙には野口晴哉口述とある。

例えば、たむしの治療法が紹介されている。たむしをじっと睨んで、感応があったら、たむしの周りに「南」という文字を(墨で)書く。たむしの数が偶数の時は治らず、奇数の時には治る。たむしが消滅してゆくというのだ。整体操法の講義の中で野口晴哉はこんな変なことも説いている。おもしろい!

野中操法には、第一健康腺〜第三健康腺という急所だけでなく、身体の各部に活点(かってん)という急所がある。その中に、腰部の活点がある。僕はこれを野中腰部活点と呼んでいる。実は中等講座で野口晴哉は、このことに言及している。『腸骨剥がし』という技法と共に、整体操法を行う上で、まさに画期的ともいえることを述べている。僕はそのことを12月6日(土)の野中操法講習会で来られた皆さんにはお話しようと考えている。今回の講習会のテーマが野中活点の講習だからである。
| kawashima1092 | 00:54 | - | - | - | - |
野口晴哉 【整体操法の奥儀】(1) =跨ぎの型=
整体操法は昭和18年12月から翌年の昭和19年にかけて、整体操法制定委員会によって制定された技術である。同委員会で7ヶ月毎日審議を重ねたという。委員長は野口晴哉である。

上記のことが『整体操法読本 巻一』では次のように記されている。
「整体操法制定委員会は昭和十八年十二月設立し、昭和十九年七月迄毎夜の論議を経てその基本形を制定し、同月の東京治療師会役員会に発表し、全員一致の支持を得て之を東京治療師会手技療術の標準型と決定したのであります。ここに手技療術の新たなる発足が始まったのであります。個人のものから団体のものに移り、いろいろな角度からいろいろの検討が行われ、日一日しっかりした足どりになりましたことは、その後一年経た頃には大改訂行はれ、第一回制定のときとは面目を一新してしまったことで、その後も連日多数会員の協力が加わって進歩向上しつつあるのであります。独特の殻を破った手技療術の歩みこそ他のいろいろの療術の範をなすものであります。尚第一回の整体操法制定委員会は、野口晴哉(精神療法)を委員長として、次の十三名の委員によって構成されていました。梶間良太郎(脊髄反射療法)、山田信一(オステオパシー)、松本茂(カイロープラクティック)、佐々木光堂(スポンデラテラピー)、松野恵造(血液循環療法)、林芳樹(健体術)、伊藤緑光(カイロープラクティック)、宮廻清二(指圧末梢療法)、柴田和通(手足根本療法)、山上恵也(カイロープラクティック)、小川平五郎(オステオパシー)、野中豪策(アソカ療法)、山下祐利(紅療法)、その他に美濟津貴也(圧迫療法)他三、四名の臨時委員が加わりました。」

整体操法には、さまざまな操法・療術の技が導入されている。しかし、中心になっている技法は、野口晴哉の愉気を含んだところの操法である。整体操法の診るべき中心は、背骨およびその側である。側には1側〜4側ある。では、どのように操法を施すのかというと、型によってそれをなすのである。型のはじめは礼である。命に対する礼、これが一番はじめにくる。背骨の愉気、背骨の観察をする。操法そのものは、いわゆる『跨ぎ(またぎ)』これが一番の要だ。1側〜3側、すべて形が違う『跨ぎ』である。

この『跨ぎ』を磐石にすること、これが整体操法体得の修業において最も大切なものだと思う。僕の整体操法における先生は、それは見事な『跨ぎ』をされる。型を見ただけで実力がわかるのだ。中年の僕にとっては大変辛い修業だが、必ずものにしてみせると決意し毎日精進している。

僕は一指禅功という気功法も学んでいる。この気功法で大切なことは、型をきっちり決めることだ。茶道や武術でもおなじことであろう。先人は型により学び、型により力を出したのであろう。整体操法も磐石な『跨ぎ』の完成により、硬結の処理という、本物の真価を発揮するのであろう。

野中操法も同じことだ。型を習得することで、本当の治療術としての力量を発揮できるのである。では、磐石な型とは何によって完成するのであろうか。しっかりした足腰、身体全体のバランス、下丹田の充実などであろう。しかし、言うは易いが、体得することは生易しいことではない。本気になって整体操法や野中操法を掴もうとする人、僕はその人のことを同志と呼ぶ。例え会わずとも真の意味での同志である。そういう道骨のある同志が増えてゆくことを望んで止まない。
| kawashima1092 | 00:00 | - | - | - | - |
一側を弾けたら蔵が建つ =整体操法に於ける「硬結」をめぐって=
整体操法にふれたことのある人なら「硬結」という言葉を知っていよう。背骨の際には一側、ニ側、三側、四側というラインがあり、その部分に硬結が出てくるでそれを処理する。これが整体操法の真髄なのである。まあ処理するための整圧順序の定石はあるのだろうが・・・。野口晴哉の操法は、せいぜい三分間〜五分間程度だったという。今の世の中では整体法とか整体というと背骨をボキボキと鳴らすカイロプラクティックもどきやストレッチだと思われがちだが、整体操法とは背骨をみて、「愉気法」「整圧」によって硬結を処理する技術なのである。だから達者になれば短い時間で「硬結」を処理できるのだ。いまでも整体操法家の中には、そういう凄い方もいるのであろう。

背骨の一番際の部分を一側といい、これは1センチ以内程度の部分だ。ここに硬結が出るのは心・精神との関連が想定される。胸椎なり腰椎なり、何番の椎骨に硬結が現れているのかで、原因が違ってくる。
野口晴哉は「背骨は、その人間の歴史である」といった。
生き様がすべて背骨に刻み込まれて、今ある状態が硬結として現出する。
僕はこういうことを発見した野口晴哉という人の感性に心から敬意を表する。貴重な技術であるからこそ、神様の行った伝説とせず、体得する道筋を確実に残してゆく。神様みたいに凄い人間のやったことだからこそ、あえて神様とせずに人間の座に引き摺り下ろして、技術を抽出するのだ。
よく野口整体関係では治療ということはしませんなどという。創始者の野口晴哉がいうのならまだしも、後の者達がそろってそういうのだ。僕からすればそれが体育だろうが整体指導だろうが治療だろうが同じことなのだ。要するにみんな心も体も自由になり自立する、そのことのお手伝いなのだ。
連綿と受け継がれてきた生命・いのちの前には人工的な治療や薬など大したものではないのだ。所詮、人間は死ぬのだ。いかに生き切るか、それが大切なことだ。いのちの力を充分に発揮せしめる。そのことのお手伝い・お手当て、愉気である。

鳩尾の禁点と呼ばれる部分に硬結が現れると人は4日後に死ぬという。
みなさんは禁点の硬結に遭遇したことがありますか。
指圧師なんかがよく「硬結」などということがある。これは整体に於ける微細な硬結などとは違うものである。彼らのいう「硬結」というのは、筋肉やスジに塊みたいな「しこり様」のものがあるときに、それをそう呼んでいるだけのことだ。
愉気をし、あるいは合掌行気・その他の訓練をしたところの手指でなければ本当の硬結はわからないし、処理できない。まあ、すぐに硬結のわかる敏感な人が時折いることはいることも確かなようだが・・・。
本物の硬結は指圧モドキの強圧手技では消滅しない。整体操法に於ける訓練というものをきちんと踏まなければ、硬結のなんたるかすら一生わからないかもしれないし、到底処理することなどできない。
みなさんはわかりもしないのに「硬結云々」など言う指圧師や鍼師には気をつけてください。
実際のところ女性のほうが繊細で感性が鋭いかなと思うときがあります。鍼師でも女性がよい鍼を打つというのは、儘あることです。

整体操法の世界では「一側を弾けたら蔵が建つ」というそうである。
一側の硬結を弾いて処理できたらという意味である。
蔵の建つ技術を持ち、相応した仕組みをつくれば、間違いなく蔵が建つであろうし、それこそ「卯立つがあがる」のであろう。

※(昔、江戸時代に日本橋の付近には大阪商人などの豪商の家があった。二階家で家と家の間には、前から見ると「卯」の形をした壁みたいなものがあった。二階付近にあったという。火事がおきて火の回りを防ぐためらしい。「卯」の形なので「卯立つ(うだつ)」というのだそうである。卯立つがあがるというのは、日本橋で張ることができるくらい出世したということ。江戸っ子言葉で「卯立つがあがらねぇ」というのは、立派に所帯をもてない、成功できないという意味だ。
整体操法ないし幻の整体法を体得した者は、まさしく「卯立つがあがる」のだ、蔵が建つのだ!?)(笑)
| kawashima1092 | 00:00 | - | - | - | - |
野中特殊整体操法を伝授する(2)
九州から来た若者に野中操法の型を伝授した。彼は連日、整体操法を習得するために学んでいる若者である。数日前の記事でも書いたことだが、九州は野中豪策先生や野中先生の師匠の藤田先生の出身地でもある。整体操法を真剣に学び、微妙な技術を我が物にしようという程の人ならば必ず体得し多くの人々を利益することは間違いないと思う。僕の整体操法の先生は年齢は若いが背骨を読むことが出来る人だ。したがって野中操法を施した後の背骨の読みも可能なのだ。実は一つの成果があるのだがここでは述べない。僕は野中操法における健康腺の読みと背骨の読みをひとつにした方法をいま見つけつつあるのだ。しかしこの技術の完成には何百何千何万の検証と経験の蓄積がなければなしえないであろう。健康腺は整圧の急所でもあるが腹診法の処でもある。背骨も同様に整圧調整する処でもあり、身体を診る処・読む処でもある。野中操法と整体操法を習得することは2つの物差しと秘技を得ることなのだ。これを完全に成し得たのは野口晴哉だけだと思う。野中操法研究会は整体操法と野中操法の統合を目指す。野中操法研究会立ち上げ直後に整体操法を志す若者に伝授が行われたことは実に喜ばしい。これからも野中操法の型をどんどん伝授してゆくし、整体操法習得にも励みたい。野中操法習得には難しい理屈はいらない。型を習得しつつ実践で力をつけるのだ。それが一番身につく。世のため人のために指圧・抜圧(ぬきあつ)すれば良いのである。理屈や難しい理論は整体操法のなかにある。体癖理論の理解や実践応用、潜在意識教育などいくらでもある。ともあれ今回彼に野中操法の型を伝授した。整体操法と共に野中操法も彼の地で大輪の花を咲かせるであろう。
そう僕は確信し空想する。ウーム、大丈夫。
| kawashima1092 | 00:00 | - | - | - | - |
整体法と野中操法の立ち位置
整体操法には機・度・間という考え方がある。あるいは処というものもある。何より大切なのは型の習得だ。型が出来ていなければ機・度・間・処というものが活きてこない。だから型を見ただけでその操法者の実力がわかるものだ。このことは指圧やカイロプラクティック、スイナなどの療法でも言えることだ。要するに上手い人はカタチも美しいのだ。まず操法なり治療をするときの立ち位置を確認してもらいたい。型は力を相手に伝達する上でもっとも合理的な処に位置するのである。角度・姿勢・呼吸がものをいうのだ。気の密度=気合というものが治療点なり調律点・ツボを活かすのだと思う。野中操法(健康腺療法)では整体操法とは少し異なる処に術者は位置する。文字でお伝えすることはできないが独特の手技をもって施術するので立ち位置はそこしかないという処に定まっている。手の下ろし方は直角におろす。術者の身体がなんだか傾いたりするのは型ができていないか処が違うかのどちらかである。僕が手ほどきを受けた時は身体をナナメにして深く整圧してゆくような仕方を教えられた。しかしそういうやり方ではダメなのである。吉田先生の貴重な映像を見るとそのことがわかる。術者が施術の際、身体をナナメに傾けてなんかはしていないのだ。重力に沿ってそのまま地面にむけ直角に手技を施すのだ。こういうように正確にやるためには立ち位置がすべてを制する。
| kawashima1092 | 00:00 | - | - | - | - |
野中特殊整体操法を伝授する(1)
はるばる九州から整体操法の伝授を受けに来ている熱心な若者がいる。この若者とは最近出会った。僕は連日この若者と野口晴哉直伝の整体操法の伝授を受けている。伝授を受けたからといってすぐにできるようになるしろものではない。整体操法は他の技術以上に幅が広く微妙な技術なのだ。それに比べて野中操法(健康腺療法)は単純であるからおぼえるのは早いし治療術としての効果が抜群にある。整体操法に完全な形で野中操法を導入することが出来ればまさに「鬼に金棒」であろう。昨日、整体操法の勉強を終えると、この若者から野中操法を教授してほしいという申し出があった。僕は引き受けることにした。僕はこの若者に野中操法の型を教えようと思う。思えば野中先生も野中先生の師匠の藤田先生も佐賀の出身だという。藤田先生などはアソカ療法の大家であるけれども実は鍋島藩の本物のサムライだった方だという。野中先生は藤田先生の剣術の弟子でもあった。だから野中操法(健康腺療法)は九州とは縁が深いのだ。野中先生はどういうわけか「人間は玉でごわす」と言っていた。ごわすというのは鹿児島のほうの方言だ。東京で活躍されていたから九州出身を表現するのにそんなふうに言われていたんじゃないかと想像する。九州の男は九州男児といってなかなかプライドが高い。ましてヤル気のある者はプライドもあるし能力もある。そういう器にあたらしくモノを入れるには一度カラッポにする必要がある。一瞬でもいいからカラッポにしないといけない。それからモノを伝えるというやりとりをするにはお互いの眼が大切だ。真剣な眼が大切なのだ。「眼は口ほどにモノを言う」というではないか。眼力が弱いようではダメである。気力は眼に出る。指導する側は真剣な人には教えたくなるものだ。野中先生の出身地である九州の人に野中操法を教えることができるのは感慨深い。彼は近いうちに九州に帰る。野中操法を九州の地に持って帰るのである。
| kawashima1092 | 00:00 | - | - | - | - |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode