Page: 1/1   
秘伝:足の操法物語(2)
秘伝:足の操法は、中国に伝わっている手技が土台になっていることは述べた。

僕は中学生・高校生のときに陸上競技をやっていた。中学生当時は随分活躍したが、高校になるとさすがに才能がものをいう。相当能力がないと通用しないのだ。だから競技のほうからは興味がどんどん薄れていった。実は僕は子供のときから人間の足に興味があり、小学校に入学するときにも下敷きは足裏のデザインのものを選んだくらいだった。高校一年生のときに同輩と先輩の足の故障を見分けたりもした。足に興味があったからだ。練習後などにマッサージをするのだが、そのときに同輩の足に妙なシコリを発見した。同輩が整形外科医のところにゆくと、手術しなければいけないということで、実際に手術することになり、脂様の塊が出てきたということもあった。そんなわけで足のマッサージについて調べもした。僕の興味は足のほかに、人間学や宗教にもあった。ある東洋学者が『陰騭録』(いんしつろく)の解説を書いており、その中で柴田操法のことを説いていた。僕は神田神保町へゆき『柴田家庭健康術(全)』(手足根本療法普及会)という本を手に入れた。昭和28年12月1日印刷と書かれた本だ。通称:和通と書いてあり住所も記されていた。板橋のその住所まで訪ねた。しかし和通先生は亡くなっており、偶然息子さんの和徳先生がおられた。15、6才の僕の来訪を感心して、簡単ではあるが足の施術を教えてくださった。これが治療師の世界に入るきっかけの一つであったと思う。

僕は生来、神仏・信仰が大好きで、夢は修験者・坊さんの姿で求道して生きることであった。しかし、そんなのは夢物語であり、大学に進学するのか就職するのか、どうするのか決めなければならない時期になっていた。そんなとき実兄が「おまえは身体のことをやったらどうだ。指圧・鍼灸師になればいいじゃないか」と勧めてくれた。兄は「免許をとってから宗教家にでもなんでもなればいいんじゃないか」とも言ってくれた。この言葉で踏ん切りがつき鍼灸指圧学校に入学することにしたわけである。ちなみに母は僕がよく料理をやっていたのを知っていて、コックになることを勧めていたが、僕は治療師を目指すことにした。

前にも書いたが、その後数々の別れなどもあり、真剣に人間の生と死をとらえるようになり、好きだから宗教書を読むというようなものではなくなっていった。
手技療法は20年やっているが、ようやく白髪のまじる頭の最近になって、悟りというものがわかるようになってきたと思う。一つのことをやりつづけていると、なんというか霊妙な境地が拓かれてくるものなのだと思う。

足の操法のテキストとして大切にしたのが吉元昭治先生の『足の反射療法』である。これは専門学校在学中の当時でたので、すぐに購入した。ただし用いるグリップは採用しなかった。あくまでも東洋式にこだわった。
お陰で筋のよい『観趾法』(かんしほう)の基本技を手に入れることが出来て技を構築することができたのである。
大切なことは、その人の生命の発露を足に観ることである。そうすれば足からその人のいろんな情報が伝わってくる。あとは眼を見ることだ。眼は心の窓であり、生命力を端的に表す。鳩尾の禁点の硬結はわからずとも眼にその人の死期は出る。これは禁点の硬結の出現よりも早い時期に出る。
| kawashima1092 | 01:28 | - | - | - | - |
秘伝:足の操法物語(1)
足の操法について述べてみたい。
11/8(土)の野中操法講習会は無事に終了したのですが、そのときにも僕の得意とする技法は、足の操法だということは少し述べた。今回の参加者の方々のことは昨日も書いたが、中には僕との話の中で出たことについて国会図書館まで調べに行ったという兵(つわもの)もいた。道骨といって、骨のある人間でなければ法は成就しない。5名のうちの一人は以前からの弟子だ。もっと古い弟子も何人かいるのだが、その人たちには敢えて連絡はしなかった。人間大切なのは今とこれから。昔、教えた技術できちんと暮らしている者を無理に動かす必要はない。いま現在求めているのかどうかが大切なことだ。

以前からの弟子であるその人に対しても、今回のような形でまとめて教えたことはなかった。機会が来なければ講習などはできないのだと思う。
僕がいえるのは時間を待った分だけ頑張れということだ。やがて彼も独立するであろう。何年後かには一国一城の主になるのだ。是非、奮起してもらいたい。

僕の足の操法は、いくつかの方法を統合して完成したものであるが、その中には、柴田操法・井本整体・野中操法・野口法などが盛り込まれている。しかし土台の技法は、中国に伝わるところの『観趾法』(かんしほう)なのだ。鍼の健康腺療法の創始者:吉田先生は、著書(小冊子「療生」)において、明確に足と健康腺(野中操法秘伝の急所)の関係を論じている。野中操法を得た僕は、そのときに既に足の操法を完成していたのである。実際、足の操法を完成させたから、足から上の骨盤にまで技の範囲を広げたといっても過言ではない。であるから、井本先生の仙骨矯体法講座などにも出て、足の技法なども勉強させていただいたわけである。今は野中操法にまで到達し、さらに背骨を視る整体操法にまで踏み込んでいるわけだ。僕の一番の勉強の場は、実践の場、すなわち毎日の治療である。一つ一つの技を実践する。習うより慣れである。道場剣法ではなく真剣勝負なのである。一回一回の技の密度を高める、失敗すれば客・患者は来なくなり生きてゆけなくなるのだから、集中せざるを得ない。指圧・抜圧(ぬきあつ)に入魂するのだ。

足の裏の反射区というものがある。これも土台にある。経絡経穴ツボの要素もある。血管血液の要素もある。愉気もあり、整圧もあり、マッサージ的な要素もある。若い女性など夕方になると浮腫むものだが、簡単に解決するしその場で靴がギュウギュウだったのが嘘のように靴をはける。また高齢者の足の強化、リハビリには絶対の効果がある。眼球から頭部への愉気、背骨への簡易整圧・愉気を併用すれば奇蹟的なことがおきます。野中操法の脳病活点法に更に愉気を加えれば鬼に金棒です。自分が操法を世のため人のために役立てていることをまず実感します。これが本当であることを僕は請け負う。

昔、修業時代、師匠のところにある有名な歌手が来ていた。名前を聞いたら誰でも知っているような人だ。ある年の暮れのことだったが、師匠は「海外にゆくからおまえ達であとはやっておいてくれ」と言い残していなくなってしまった。一番弟子のNさんと僕の二人で後の患者を治療した。件の歌手はこの日に来院し、はじめに僕が基本的な下揉みをした。その歌手は最近耳の聞こえが悪いという。そこで足の指先の薬指の治療をやった。触ってみると、足の甲外側、内くるぶしが冷たい。だからその三点を必死に治療した。治療院では有線のBGMがかかっていた。しばらくするとその歌手が声を上げた。「耳の聞こえが良くなった!」と。プロの歌手だから信憑性のあることだ。そういう事実の積み重ねが何度もあり、一つ一つ調べていった。昔から整体操法などで活点といわれているものだということを後から知った。それらが真実であることを僕は自分の臨床の中で確認していったのである。

秘伝:足の操法は、柴田操法の後継者:柴田和徳先生からも教えを受けて完成している。
我が秘伝:足の操法は、高齢化社会を迎える今、女性が第一線で働いている今こそ、必要な操法なのである。野中操法と共に、この術を後世に残してゆきたいと思う。これも幻の整体操法の要素一つであることは疑いのない事実であると思う。
| kawashima1092 | 08:50 | - | - | - | - |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode