Page: 1/2   >>
整体の立処 【自分の命はどこから来たか】 父の日に
自分の命はどこから来たのか?
生命観の1つに輪廻転生というものがある。僕は仏教の教法は随分と勉強しているし、実際にチベットのラマで前世の記憶を持つ方々を知っている。だから、輪廻転生というものがあるのではないか、という生命観は理解できる。

いま、ここで述べているのは、霊魂みたいなものがあって、それがどこからどこへゆくのかということではない。肉体を持つ我々が、現実にどのようにして生まれたのか、ということを述べているのだ。

わたくしたちの命は、両親から享けたものだ。そんなことは当たり前だが、現代の親子関係というものを観てゆくと、その当たり前のことが忘れられているように感じる。親のあり方、子のあり方が、おかしなものになっている気がしてならない。

整体は、命と正面から向き合うものだ。操法は指導の大切な方便だ。命のあるもの同士が向き合うからこそ、整体操法指導は成り立つ。命があるということ、これが一番大切なことだ。人間の命の力は、体を通して発揮される。命=体なくして整体は無いのだ。整体操法の立処は、命であり体である。

仏教の経典に『父母恩重経』がある。昔、中国で創作された経典だ。しかし、仏陀シャカムニにしてもキリストにしても、父母との逸話は必ず出てくる。人間として生を享けたからには、父母無しには存在し得ず、恩を受けない者は無い。神・佛と言われた方ですらそうなのだ。自分の大切な命があるのは、父母無しには、あり得ないのである。

例えどのような親であろうとも、まず命を授けてくれたことに感謝する。これが本来のあり方だ。今の時代、親とも思えない親がおり、子供とは思えない所業をする子供がいる。まさに修羅場だ。

こんな時代にあって、我々、野中操法家はどのように活動すべきなのか。命の本源、整体の立処について深く考えたいものである。
| kawashima1092 | 00:00 | - | - | - | - |
現代における整体操法(1)【遠赤美人を取り入れる】
野中操法研究会では、野中操法(健康線療法)と野口晴哉先生が編成創始した整体操法を統合するということを標榜している。当然、輸気法や行気法、気合法などを修練することにもなる。非常に困難なことではあるが、いわゆる自然活元運動・自動法なども会として取り入れなくてはならない。頭部の触手療法(愉気法)は高等であると野口晴哉先生は云われていたが、当然これも修練の科目に入れてゆく。まだまだ、やること・課題は山積だ。とても僕の脳ミソだけでは間に合わない。手伝ってくれる同志を募集したい気持ちである。でも人様に押し付けて楽をするつもりは毛頭ない。

ある人が、昔の操法の1つで『脊椎反射療法』のやり方を知らないか?と云ってきた。これは以前の話だ。僕は知らないと云った。正確に答えると、やり方は知っているが、これを使っての治療の効果は知らない、ということである。これは多分、今の世の中で僕しか知らないのかもしれない。野中操法と共に2つの珍しい操法の『型』を知っているわけである。

さて、今日のテーマ「現代における整体操法」である。だから昔の療術のお話ばかりしていても仕方がない。僕は療術マニアではないから、使えないものには興味がない。野中操法研究会の第二部(正式メンバー)では、野中操法を更に強力にする、整体操法を研鑽しているのだが、操法の『型』として、はじめに延髄への愉気をする。これは愉気で良いわけだが、遠赤美人という便利なアイテムがあるから、これを当てるのも良い。この温熱アイテムは、整体法で多用する「蒸しタオル法」に代わるものだと思う。操法に導入するのは工夫次第、活用法無尽であろう。現代における整体操法ということを考えたとき、この『遠赤美人』の活用を推薦するものである。
この製品を扱っている主は、僕の畏友H氏である。HPを見ていただければ幸甚です。
以下に『遠赤美人』の説明を引用させていただく。

------------------------------------------------------
■ 遠赤外線が出るから、体の芯まで温まります

最近、世の女性の間では「湯たんぽ」がブームになっています。地球温暖化などと言われ、冬でもヘソや腰を出している女子を見かけますが、実は皆さん、しっかり冷えているということなのでしょう。

一方、これは石原結實先生や斑目健夫先生、熱ショックプロテイン(HSP)の研究で有名な伊藤要子先生など、医師や研究者の尽力によって、体を温めることや、それによりもたらされるHSPの効用が、世の中で認められてきているということなのかもしれません。熱は免疫力や運動能力までも高めてくれるということが判ってきました。西洋医学的にも効用が証明されるようになってきましたが、東洋医学では太古から「冷え」こそが万病の元とされています。

このように、体を温めるのは良さそうだということが判ってきたものですから、マスコミの影響もあって、多くの人が飛びついたというのが、「湯たんぽ」ブームの真相かもしれません。しかし、考えてみると、これだけ世の中が進んだというのに、「湯たんぽ」のような面倒でレトロな方法が流行るというのも、チョット妙な感じです。

ここで紹介する「遠赤美人」は、多くの家庭や職場にある電子レンジで2〜3分、温めれば、遠赤外線が放射され、体の芯までポカポカになる優れものです。一度買えば繰り返し使えるので、とても経済的です。職場でデスクワークをしながら使うこともできます。固定用ホルダーを使えば、使い捨てカイロも不要になります。
ブームなので皆さん、「湯たんぽ」にばかり目が行っていますが、遠赤外線効果で体を芯から温めるホットパック、「遠赤美人」を使ってみませんか。
遠赤美人のホームページはこちら
------------------------------------------------------

実は、この冬『遠赤美人』を僕も活用した。風邪を経過するのにも役に立った。近いうち川島整体:健康線療法研究所でも皆さんにお分けできるように置かせてもらおうと考えている。

| kawashima1092 | 23:53 | - | - | - | - |
野中操法 【リュウマチの基本操法(3)】 野口整体(愉気法)
さて【リュウマチの基本操法】概説である。

前回引用した野口晴哉先生のお言葉をもう一度載せる。
野口晴哉口述『触手療法講座』からの引用。以下の通り。

---------------------------------------------
・・・神経痛はリュウマチとは全然違うんです。リュウマチというのは血液の中に余分なのもたまっちゃう。砂糖がたまるとか、蛋白がたまるとか、まあ色々なものが、脂がたまったりして、うまく血がめぐらない状態で、そういう時にリュウマチというのは起る。リュウマチは心臓の病気。その心臓というのは、此所でドキドキしている処。背中で云うと胸椎の四番、肩甲骨がこうより合って一番くっついている処でその左側を押えると米粒のような塊まりがある。それが心臓が悪いという。リュウマチは副腎の方じゃなくて心臓の方で四番。神経痛だかリュウマチだか分らなかったら、両方押えたあと、おヘソを押えておけば間違いはない。体が掃除されるとズンとよくなってまいります。それから痛みの止まり方が、神経痛の場合にはすぐ止る。リュウマチの場合には掃除が済んでから止る。・・・
---------------------------------------------

この前後にも詳しい解説があるが、必要なところだけを引用した。
神経痛の場合には、いわゆる『987操法』(くなやそうほう)といわれる副腎ショックを野口晴哉先生はすすめている。だが『触手療法講座』なので、神経痛には胸椎8番の愉気。リュウマチには胸椎4番(左側)の愉気を指示している。また、リュウマチにより心臓の弁膜などが毀れるということも述べている。リュウマチを通して心臓が治ってしまうということを述べておられる。文中の「押える」というのは、すべて愉気法を含んでいるとご理解していただきたい。ただ押えるのではなく、愉気するのです。以上が、野口整体(愉気法)における、リュウマチへの対応法である。

では野中操法ではどうするのか?
第一健康線の整圧、第三健康線の制圧、この二つが基本になる。殊に僕の観察に依れば、腰椎・骨盤の変化が著しいから、ここをねらっていかないといけない。第一健康線は、腹部の操法であると同時に骨盤の操法でもあるのだ。それから左側の足の操法。心臓の活点、反射区を整圧する。これらの処置は、訪問の施術で事足りる。僕は指圧師でもあるから、重篤な方々は訪問で、医療保険適用で施術している。疼痛などを取るためのマッサージなのだが操法を応用して導入している。見た目では手技の違いの判別がつかない。

指導としては、肛門の締めを行うことをすすめる。これも相手にスパっと言うことが大切である。治りたいという欲求を誘うのが一番良い。「治りたいでしょ」なんていってもダメ。それよりも、例えば高齢者の女性のときなどは、昔話しから始めて、外出したい欲求を喚起せしむる。しかし、あんまり昔話しなどすると、もうそれだけで満足してしまうから、いいところで切る。切り方は「ハイ片膝を上げてください」とかいきなり言い、話しを変えてしまうのだ。気をそらしておいて、良くなりたいという欲求に対して、肛門を絞めると心臓がよくなり、リュウマチもよくなる、と暗示するのである。この心作用は、どのような方法よりも強力だと思う。自分の力によっているのだから。まして肛門の絞めは心臓と関連があるから、心的にも生理的にも最良の方法だということができよう。(完)
| kawashima1092 | 00:00 | - | - | - | - |
野中操法 【リュウマチの基本的操法(2)】 野口整体(愉気法)
【リュウマチの基本的操法(2)】である。
通常、治療師・療術師がリュウマチ患者と遭遇する機会はあまりないと思う。特に重篤なリュウマチ患者が指圧の治療所などに行くことは、まずないと言ってよい。だから今回の記事が操法家や治療師の参考になるのかと問われれば、リュウマチの基本的操法はあまり参考にならない技法と言えるかもしれない。しかしながら一人前の操法家ならば一生のうちに何度かは、リュウマチ患者に遭遇することになると思うので、こうして書くわけである。

本当に操法を重ねていれば、施術を受けたいと来る方達がいろいろな症例を見せてくれて勉強させてくれる。だからリュウマチ患者とも遭遇するのは当然のことである。僕などは情けない話だが、かつては痛い部分を擦ってあげるなどということしかできなかった。治療家になるにも、宗教家になるにも信念や理念がフラフラしていて、中途半端で、頭脳も悪く、何年も何年も、ものにならないような体たらくであった。

そういう人間がどこで変わったのかというと、多くの患者から指示を受け、ご愛顧されたことによって、性根を改善・改革させられていったのである。もちろん自分自身の修養ということもある。これは詳しく言うことができる。もう一点、開業しているかどうかという点は大きなところである。問題は自立しているかどうかということだ。第一技術的な面での進捗は、場数による。どこかに勤めていたのでは、その治療院なりの方針に従わなければならない。新しい技術を開発するのに場がないではないか。だからこういう環境にある方は、工夫しなければいけない。工夫しているかどうかは、やっている姿を見ればわかることである。この点は僕がものを教えてゆく上で、きちんと見ているということを、僕とやり取りのある方は認識しておいていただければ幸甚である。あえて記した次第である。

野口晴哉先生お言葉を『触手療法講座』から引用する。

---------------------------------------------
・・・神経痛はリュウマチとは全然違うんです。リュウマチというのは血液の中に余分なのもたまっちゃう。砂糖がたまるとか、蛋白がたまるとか、まあ色々なものが、脂がたまったりして、うまく血がめぐらない状態で、そういう時にリュウマチというのは起る。リュウマチは心臓の病気。その心臓というのは、此所でドキドキしている処。背中で云うと胸椎の四番、肩甲骨がこうより合って一番くっついている処でその左側を押えると米粒のような塊まりがある。それが心臓が悪いという。リュウマチは副腎の方じゃなくて心臓の方で四番。神経痛だかリュウマチだか分らなかったら、両方押えたあと、おヘソを押えておけば間違いはない。体が掃除されるとズンとよくなってまいります。それから痛みの止まり方が、神経痛の場合にはすぐ止る。リュウマチの場合には掃除が済んでから止る。・・・
---------------------------------------------

次回、野中操法・野口整体(愉気法)におけるリュウマチの対応を私説を交えて述べようと思う。
(つづく)
| kawashima1092 | 00:00 | - | - | - | - |
野中操法 【リュウマチの基本的操法(1)】 野口整体(愉気法)
前から僕のブログは息の詰まるような文章ばかりなので、今後は少し柔らかめの話題も出したいと思う。どうでもよい話題を書くわけだ。しかし、今日はやっぱりタイトルのような話題になってしまう。まあ、仕方がない。僕の気ままな駄文を読んでいただいている方々もいるので書くことにする。

さて、【リュウマチの基本的操法】だ。
この操法の仕方を説明する前に、例によって前節のお話しをしたい。僕がリュウマチと出遭ったのは19歳のときだ。鍼灸指圧の学校に通っているときに神奈川県の山北とか、あの方面の随分田舎に住む方と知り合ったことがきっかけだ。70歳の男性であった。ある人を通じて、リュウマチの治療のため血液(血小板)献血してくれないかという話があった。僕は事情を理解し快諾した。すぐに横浜スタジアム近くのその病院に行き献血した。医者の話では血小板を取り出して患者に投与するということだった。リュウマチ患者は薬剤投与等の副作用により血液の障害が生ずる。

僕は後日、休みの日にお土産を持参して、その方のところに向かった。とにかく随分田舎であった。その方は離れに住んでいて、家族の方に案内してもらい訪問した。招かれて入室すると独特に匂いがする。何か祭壇のようなものがあり、ローソクに灯が点じられていた。

指は曲がり、痛みで顔の相まで変化している。僕に痛みが伝わってくるようで居たたまれなかった。その後、僕はその方の話を飯も食べずに、5時間くらい聞いていた。それもずっと正座で・・。その頃はスリムだったから足のほうは大丈夫だった。今なら大変なことになってしまうだろう。というか、今は万事無理はしないことにしているし、そんな忍耐力はない。

その方は重篤な病人であるから、さまざまな想いがある。彼は延々と語り続けた。自分の人生の無念を僕に語った。すべての経過を僕に話そうとした。いまでもその話の内容はおぼえている。「袖すりあうも他生の縁」というから、僕は怨念のような会話にお付き合いした。病気と心の関係、関節リュウマチ等に着目したのは、この時以来である。

それから一年程してその方は亡くなった。心臓を悪くして回復はできなかったそうである。この方を契機として、関節リュウマチの患者は、今までに50名以上はあった。現在は、3名ほどいる。男性1名、女性2名だ。不思議なことだが、その方々に共通する特徴は、胸椎の4番の左側に硬結があり、3人共に心臓に何らかの異常があることである。野口晴哉述『触手療法講座』にリュウマチに関する記述があり、野口晴哉先生が同じ事を言われていたので、とても驚いたものである。僕が関与したリュウマチ患者のほとんどが心臓に何らかの異常があった。次回、操法家はどのようにリュウマチに対応するのか、詳しく述べることにしよう。
(つづく)
| kawashima1092 | 00:00 | - | - | - | - |
野口晴哉著  『体運動の構造』  推薦図書(2)
僕は野中操法と共に整体操法そのものを統合して伝えようとしている。まったくおこがましい限りである。しかし、失伝しないように整理して伝えてゆくつもりである。僕の強みは臨床現場における長年の直感があるという点と、操法の修練というものを現場ですぐ行えるということがある。野中操法における練磨でも、何人の方々に迷惑をかけたかわからない。しかしながらその甲斐あって、技法というものを完全に整理でき、完成した法を皆様に提供できるのである。

例えばこういうことがある。以前に僕は、愉気法における『掌心感応』というものを詳しく紹介したことがある。今は絶版の野口晴哉著『健康の自然法』という書籍を引用して解説した。うつ伏せに寝て背骨に愉気をする。すると各指が動くというものだ。整体協会やその他で学ばれている方にとっては当たり前だろうが、殆どの人はそのことすら知らない。更に言うと、指の反応を見定めたら、今度は具体的に何処に愉気をするのかということを野口晴哉先生は指示しているのである。

しかし、これらの方法は公開されていないものだ。どこをどうやって探しても出てこないのである。はじめから存在がわからないのだから、探すことすらできないし、体得なんて夢のまた夢だ。だがその方法は、はっきり言ってそんなに難しいものではない。知れば誰でもできるものだ。だが公開はされていない。このような簡易的で効果のあるものですら埋没しつつあるのだ。皆さんはこんな状況をどう思われるであろうか?

僕自身、整体操法の研鑽に縁ができる事自体が、困難で、長い年月待ち続けたという事実がある。宿縁と念願によりご縁を得ることができた。同じ気持ちの皆さんが全国津々浦々に居ることを僕は感じている。だから野中操法にしても整体操法にしても、バカ高い金銭のやり取りをして大儲けするような気持ちは毛頭無い。自分の稼ぎ・将来は自分の操法でつくればいいだけのことだ。時間と金がかかり過ぎて整体操法の習得は困難だとよくいわれる。

野中操法、整体操法を学習する上で野口晴哉著『体運動の構造』(全生社)は必読の書です。基本図書として読んでおくことをお勧めする。野中操法は、腹診法としても単体の療術としても活用できるから、家庭療法でもよいし、ヨガや気功の先生の指導アイテムとしても、鍼灸師・カイロプラクターの方なども取り入れることができる。活用無尽の操法である。しかし基本図書を勉強しておくことは、土台を作るうえでとても重要だ。土台が大きければ大きいほどその上に立つ建物も大きくなるのだから。
| kawashima1092 | 02:29 | - | - | - | - |
野口晴哉著  『体運動の構造』  推薦図書(1)
現在、野口晴哉著『体運動の構造』(全生社)を用いて整体操法の研鑽をしている。第一巻、第二巻の二冊がある。これは野口晴哉先生が存命の頃に、高等講習会で行われていた内容をそのまま本にしたものである。

これをテキストとして整体操法の勉強をすると大変よく分る。
僕の場合は、毎日の現場が一番の訓練の場である。本来の野口整体では臨床とは言わない。野口先生が「治療を捨てた」と宣言したときから、療術・医術の世界からは離れたからだ。昭和29年から現在に至るまで、野口晴哉創始の整体協会は、文部省管轄の社団法人であり、『体育』を標榜する活動組織である。潜在意識教育=体育である。

前にも書いたことがあるが、在野の操法家のもとには、治療的行為を求めてくる人もいる。自分の責任で、自分の意志と足で立ってゆくには、経営方針やら、世の中のニーズなるものを捉えてゆく必要があるのだ。「整体では治療はしません」ではすまないのである。

整体操法によって在野で生きてゆく志のある人達の為に、僕は正伝:野中操法の研鑽を勧めている。シンプルな技法だが、奥が深く、何よりも野口晴哉先生が、「技術的に百年に一人の天才」と言わしめた人物の法なのだから。

その人物は、ご存知の野中豪策先生(のなかごうさく)である。
現在この先生の遺法である『正伝:野中操法』の原形の『型』を習得し、現代的で且つ臨床の現場で日々使えるような、リアルな操法をも研鑽している。そうしなければより多くの操法家、臨床家が実践し伝承してゆくことはできないと思う。
| kawashima1092 | 00:00 | - | - | - | - |
野口晴哉の整体操法と野中操法
才能のある若者に野中操法の型を伝授して後の世に残してゆきたい。そして世の中に役に立つであろうこの特殊整体操法をもって人々を利益してもらいたい。これが僕の念願だ。もちろん僕もあと何十年かは現役でバリバリやるつもりである。この療術の創始者である野中豪策先生や正統継承者の吉田先生がおられれば、弟子の野中操法が効いているかどうかは一目瞭然である。しかし野中操法=健康腺療法の正統継承者というものは今の世の中にはいない。吉田先生の直弟子である先生方にはすぐれた技術者はいると思われる。ただし鍼治療による健康腺療法である。これはあきらかに野中操法ではない。鍼による健康腺療法とは、吉田先生のはじめられたものであり、健康腺という急所に鍼を打つわけではないのだ。手足をはじめ背中お腹などに鍼を打ち健康腺の変化を観るというものだ。野中操法というのは手によって健康腺を整圧する技術である。健康腺療法という場合それは民間療法のひとつという位置づけだと僕は考える。野中操法という名称だと整体操法の体系の中の特殊操法のひとつだということができる。整体操法の体系を学んでこそ野中操法(特殊操法)を施術している、あるいは教授していると言えるのではないかと思う。そういう意味で野中操法という名で教授できるのは僕だけなのではないかと思う。整体操法を志すものに僕は野中操法の型をどんどん教えてゆこうと思う。野口晴哉の整体操法を体得した若者と野中操法の型を習得している僕が出会ったのは何かの縁(えにし)だと思う。整体操法で飯を食ってゆきたい若者がたくさん出て来てほしい。全国展開しようじゃないか。一人一流派でやってゆこうじゃないか。
| kawashima1092 | 00:00 | - | - | - | - |
野に埋もれし玉
僕が尊敬している野口晴哉先生(のぐちはるちか)は『整体操法読本』のなかで次のように述べている。

『    −整体操法に於ける特殊操法−
ここに紹介申上ぐる整体操法に於ける特殊操法は野に埋もれし玉であります。長い時代の変遷にも拘らず、理論に災いされず、民間療法としての純粋さを保って来た我が国独自の方法でありまして、他国には全く存在しないものなのであります。経験と実績、これのみが之ら操法を保ってきたのでありまして、吾々この事実のあるところに潜む真理を知らんが為にも之らの諸法を研究し新らしい人体構造を発見しなければなりません。同時に之らの特殊操法が理論的に証明されないの故に、この人々の信念とともに我が国独自の療術行為が次の時代に失せることを惜しむのであります。治療行為に於ける唯一の正確な理論はその実績であります。事実によって裏づけられなければ、如何なる名論卓説も一片の空理空想に過ぎないのであります。ここに特殊操法として整体操法にとり入れた事情をおくみとりの上、体得し実際に応用し、その事績をくわしく記録し、之らの特殊操法が世に出る機会と力とを与へて頂きたいのであります。又特殊操法に各々それを発見し、発明した個人の名を附することの理由とをおくみとり願ひたいのであります。』

『整体操法読本』は戦後の昭和22年に刊行されたものである。
整体操法に於ける特殊操法は、この当時すでに「野に埋もれし玉」だったのである。

特殊操法の筆頭は、我が『野中操法』である。

幻の整体操法(幻の整体法)とは、整体操法に完全なかたちで野中操法がとりいれられたものである。すくなくとも僕はそう考えているし、日々修練もしている。むろん施術にもあたっている。

| kawashima1092 | 00:00 | - | - | - | - |
幻の整体法
このブログのタイトルは「幻の整体操法」だけれども、わかりやすくいえば「幻の整体法」ということになると思う。野中操法は元々「健康腺療法」という民間療法であり、整体操法そのものではない。野中操法(健康腺療法)の創始者:野中豪策(のなかごうさく)は「技術的に100年に1人出るか出ないかの天才」といわれた治療師だ。野口整体の創始者にして、整体操法を事実上まとめた野口晴哉もまた天才であった。二人はお互いに、お互いのことを天才だと考えていた。幻の整体法は、いままさに世に出ようとしている。


| kawashima1092 | 01:00 | - | - | - | - |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode